いまどきSUVのド真ん中スタンダード!?
コンパクトSUVってどうなの!?

日産・キックス×マツダ・MX-30

群雄割拠のコンパクトSUVの新たな刺客としてデビューしたのがマツダ MX-30とニッサン キックス。【気になるコンパクトSUVってどうなの?_後編】は、マイルドハイブリッド、そしてフリースタイルドアを採用したMX-30のディテールをチェックします!

上質な走りが魅力のマイルドハイブリッド
衝撃は観音開きのフリースタイルドア

マツダ MX-30 MAZDA 新車 試乗 コンパクト SUV カスタム


シンプルな立体構成に親しみやすさを追求したという、最新の“魂動デザイン”。マツダデザインの象徴ともいえるシグネチャーラインをあえて撤廃するなど、力強いラインで新境地を開拓。

「【気になるコンパクトSUVってどうなの?_後編】マツダ・MX-30のスタイリング・内装・エンジンを改めてじっくりチェック!」の1枚めの画像全高1550ミリ


最大の特徴である観音開きは、フロント82度、リア80度まで開く。乗降性もスムーズと利便性にも最大限配慮。


直噴2.0Lのガソリンエンジンに、マツダ独自のマイルドハイブリッドを組み合わせ。力強い走りは当然、静かさや、素早い再始動性にも力を入れた。エンジンが止まっている割合を上げることで省燃費化も一層アップ。搭載するハイブリッドバッテリーは、安全性、寿命、高い入出力を発揮する高性能モデルだ。


水平基調のコクピットまわりは、フロントシートの着座位置が高めであることもあり、見晴らし良好。エアコン操作系をタッチパネル式とするなど、雑味を極力排除しシンプルに。コンソールやドアグリップに天然コルクを採用と、素材にもこだわっている。

「【気になるコンパクトSUVってどうなの?_後編】マツダ・MX-30のスタイリング・内装・エンジンを改めてじっくりチェック!」の1枚めの画像先進のLEDヘッドライトは、マツダが独自にシリンダー形状と呼ぶ奥行きのあるデザインだ。丸いイカリングはデイランプ。

「【気になるコンパクトSUVってどうなの?_後編】マツダ・MX-30のスタイリング・内装・エンジンを改めてじっくりチェック!」の1枚めの画像体の要所をしっかりと支えることができるよう、人間工学に基づいて設計したフロントシート。疲労軽減だけでなく、ドライビングの安定感にも好影響。

「【気になるコンパクトSUVってどうなの?_後編】マツダ・MX-30のスタイリング・内装・エンジンを改めてじっくりチェック!」の1枚めの画像後席の前倒しで、荷室を簡単に拡大可能。可倒後のフロア段差が極力抑えられるなど、実用性が高い。

■SPECFICATION(MX-30/2WD)
全長×全幅×全高(mm) 4395×1795×1550
ホイールベース(mm) 2655
重量(kg) 1460
エンジン 2.0L直列4気筒
最高出力(kW(PS)/rpm) 115(156)/6000
最大トルク(N・m(kgf・m)/rpm 199(20.3)/4000
モーター MJ型
最高出力(kW(PS)/rpm) 5.1(6.9)/1800
最大トルク(N・m(kgf・m)/rpm 49(5.0)/100
燃費(km/L) 16.9(JC08モード)
排気量 1997
室内長×室内幅×室内高(mm) 1835×1500×1205
乗車定員(名) 5
車両本体価格 242万円(4WD=265万6500円)

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【気になるコンパクトSUVってどうなの?_後編】マツダ・MX-30のスタイリング・内装・エンジンを改めてじっくりチェック!