意外?最新のシェアからドイツで勢いのある自動車メーカーを探る

運営元:外車王SOKEN
著者 :{$item->authorName}
2022年現在、ドイツ国内で生活していると、インターネットやテレビ、そして街中で見かけるクルマの広告は純電気自動車(以下EV)がほとんど、という印象を受けます。公道を走るクルマを眺めていても、数年前と比べてずいぶんEVが増えたと感じますが、実際の割合はどれくらいなのでしょうか。
実は、ドイツ国内にある全乗用車における動力別の割合は、ガソリン63.9%・ディーゼル30.5%・プラグインハイブリッド(以下PHEV)2.1%・EV1.3%(2022年2月現在、連邦自動車輸送局(以下KBA)調べ)となっています。急激に普及が進んでいるとはいえ、現時点でのEVの割合はそれほど多くありません。肌感覚とはかけ離れた結果に、筆者自身も驚きましたが……。
では、現在ドイツではいったいどのメーカーのクルマが一番売れているのでしょうか? また、昨年に比べて躍進したメーカー、逆にシェアを減らして...
  • 【全文を読む】
  • あわせて読みたいオススメ記事
  • まさに「羊の皮を被った狼」!野心的設計のスポーツセダン、アルファロメオ・アルフェッタをドイツで見かけて
  • ヨーロッパではよく見られる石畳で舗装された道路@ドイツ現地レポ
  • 西ドイツではまず見かけない!東ドイツ製スクーター「シムソン・シュヴァルベ」
  • 世界で最も有名な自動車会社のひとつ、BMW本社のドイツ現地レポ
  • 漆黒の内装がクール!ベルリンで見かけた希少なスポーツカー「Wiesmann(ヴィーズマン)」
  • Yahoo!で調べてみよう

      Loading...