運営元:外車王SOKEN
著者 :{$item->authorName}



ドイツでは新型コロナのパンデミック以降、自転車の販売が非常に好調です。パンデミック発生直後、各メーカーの直販サイトでは多くの製品が売り切れ、または品薄状態になるほどの人気ぶりでした。2022年4月現在の状況は少し落ち着いたものの、自転車を通勤で利用したい人や、自転車旅行を楽しみたい人が多くいるため、売上は依然として好調を維持しています。

そんな中、今ドイツで熱い視線を注がれているのが、「S-Pedelec」と呼ばれるタイプの自転車です。S-Pedelecとは「45km/hまで出せる電動アシスト自転車」のことで、ドイツでは都市圏を中心に、バイクやクルマ、公共交通手段にかわる乗り物として注目されています。

強力なアシスト機能によって簡単にスピードが出せる一方、法や道路の整備などがまだ追い付いていない感があるS-Pedelec。今回のドイツ現地レポは、S-Pedelecのドイツにおける扱いやメリッ...【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事