仕事・恋愛・ドライブ目的?人生が交錯する首都高メモリアル

運営元:外車王SOKEN
著者 :{$item->authorName}
首都高」というキーワードに触れたとき、人によってさまざまなイメージを思い浮かべるかもしれない。仕事やプライベート、走る目的や年代でも連想するものが異なるだろう。
■首都高の「そもそもの価値」とは?
縦横無尽に道路が張り巡らされている東京だが、クルマの数と道幅や設計の問題で機能不全となっていたと感じたことがあるかもしれない。よく使われる箇所を高速で結び、使う人が一定の料金を支払い、目的地に素早く到着できるということが首都高のそもそもの価値だったはずだ。
しかし、ご存知の通り、この首都高は渋滞のメッカとなってしまった。ある知人は、昭和の最後の頃、6号線の堤通から入って都心へ向かおうと首都高に乗ったそうだ。しかし渋滞でどうにもこうにもクルマが前に進まず、首都高でキャッチボールができたほどだ、と証言してくれた(時効)。
ひどい渋滞の理由はい...
  • 【全文を読む】
  • あわせて読みたいオススメ記事
  • 往復1,000kmの京都日帰り往復も、メルセデス・ベンツなら疲れ知らず?
  • 突如、彼女や妻に「オレ、ランボルギーニ買う」と言ってみたら?
  • 20年前のネオクラシックカーならではの、最新のハイブリッドカーにはない魅力とは?
  • 手放した後も「クルマ好きは愛車とオーナーをセットで認識している」という事実
  • いまから10年後、左ハンドルの輸入車は日本から淘汰されてしまうのか?
  • Yahoo!で調べてみよう

      Loading...