yahoo

生産終了から44年。「成層圏」の名を冠するランチア・ストラトス試乗&助手席インプレッション

2020.06.27 00:00
rss 外車王SOKEN
乗り物
コメントする
著者は年齢的に、ご多分に漏れずスーパーカー世代を経験した一人である。
子どもの頃は安い2眼レフを片手に小遣いを握りしめ、目を輝かせながらスーパーカーショーを観に行った。
スーパーカーに関することは当時の強烈な印象のままいまだに記憶に残っている。そういえば、スーパーカーを除くとはっきり覚えていることがないような気がするほどだ。
時は流れ、当時の気持ちが変わらぬまま年齢を重ね、大人になった、そして、幸運なことにさまざまなスーパーカーと触れ合う機会にも恵まれた。
もちろん自分で購入できるほどの余裕はまったくないのだが…。
今回は、ランチア・ストラトスを実際に体感したときのことを書いてみたい。

インプレッション内容をまとめて記事にするのは決して楽な作業ではない(と思う)

雑誌やWeb記事のインプレッションは、過去の膨大な量の経験値から比較して、性能はもちろんのこと、直感的になことを文章に起こして人に伝える大変な作業だと思う。
おそらくその経験値は、一般的なオーナーですら感じることのできない癖や能力を一瞬で見抜いてしまうほどレベルの高いもののようだ。
それゆえ、何十年も同じクルマと真剣に向き合った人との印象の違いは、異なる部分が出てきて当然なのかもしれない。

ランチア・ストラトスを日本一走らせる男とは?

「成層圏」を意味するネーミングのとおり、まさに宇宙へ飛び出しそうな斬新なスタイルのランチア・ストラトス
オーナーはHCC95のクラブ員で、しかも筆者とはご近所のため仲よくさせていただいているトプさんだ。
購入してから30年間もこのクルマを所有・維持しているという。手に入れてから6万キロほど走破したそうだ。
グラベルな林道から、舗装したタイトなターマックの峠道まで、さまざまな路面状況においても「ランチア・ストラトスを使いこなすツワモノ」なのである。
トプさんはランチア・ストラトスの他に、モトクロッサー×2、エンデュロ×2、トライアル×2、トレール×7台(すべてカワサキのビンテージ・ツインショックモデル)を所持する。ダートや登山道に魅せられ、さらには登山が趣味という、根っからのアウトドア派である。
まさにランチア・ストラトスに乗るに相応しい人物である。
  • 【全文を読む】
  • あわせて読みたいオススメ記事

  • 壊れて当然?初めて旧車の購入を考えている方へ…
  • 「旧車」とカテゴライズされるのは19○○年〜?その定義づけを考えてみた
  • 旧車を維持していくことは、壮大なロールプレイングゲームなのかもしれない
  • 初開催は1981年!大人の夢の詰まった玉手箱「第105回ワンダーランド・マーケット」
  • 苦心のすえに維持する「ゆるさ」が魅力。第101回FMM(Free Motor Meeting)に参加してみた
  • \ この記事をシェア /
    Facebook    Twitter
    おすすめ関連記事
    アクセスランキング
    • 日間
    • 週間
    • 月間