日本でアルピーヌに乗っている…。

今でこそ現行でA110が絶賛発売中ですが、それ以外でアルピーヌといえば、やはりラリーで一躍有名となった旧A110を連想する方が多いでしょう。

それですら珍しいのに、ほかのアルピーヌにめぐり逢うなんて、普段そのへんを走っていても、そうそうありませんよね。

さて、今回インタビューさせていただいたのは、29才という若さでV6ターボを所有する大澤遼平さん。

クルマに興味を持つようになったのは免許取得後だそうですが、実はご実家のお父さまがA310に乗っており、生まれたときからアルピーヌが“家のクルマ”として当たり前の存在だったのです!!

なのでエンジンはうしろにあるのも“普通”な概念で育ったのだとか…(笑)。

幼少期からのおもしろエピソードもたっぷりご紹介いたしますが、まずはレアなV6ターボをじっくり見せていただきますっ!!

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事