目次










華厳の滝の見どころ



華厳の滝は、中禅寺湖からの湖水が落下する高さ97mの大滝。四十八滝といわれるくらい滝が多い日光でも人気の高い滝です。 中禅寺湖の水が、高さ97mの岸壁から水しぶきを上げる様子は圧倒的なスケール。雄大な自然を満喫できるスポットです。



華厳の滝には無料展望台の他に、滝つぼ近くの観瀑台があります。エレベーターを利用してたどり着く3階建ての観瀑台からは、水しぶきを上げながら滝つぼへと水が落ちるダイナミックな様子や岩肌の迫力、華厳の滝周囲に流れる「十二滝」の美しさなどを、間近で見られます。エレベーター利用料金はおとな570円、小学生340円で、未就学児は無料です。



■より迫力ある水しぶきを楽しめる春



春の華厳の滝.jpg



四季折々の景色が楽しめるのも魅力。春は山からの雪解け水で水量が増え、より迫力ある景色に。5月にはツツジなどが岩壁を彩ります。



■新緑が美しい夏



新緑.jpg



夏は新緑が美しく清々しい雰囲気に。日光市街地より500mほど標高が高いため涼しく、避暑地としてもおすすめです。



■秋は紅葉やライトアップ



秋の華厳の滝.jpg



秋は色とりどりの紅葉と滝が調和した見事な景色に惚れ惚れとするでしょう。見頃は10月中旬から下旬頃。また、近年では毎年11月に「奥日光ライトアップ」が開催され、昼間とは違った幻想的な雰囲気の滝を鑑賞できます。



「奥日光ライトアップ」では華厳の滝以外に、中禅寺立木観音、英国・イタリア大使館別荘記念公園、二荒山神社中宮祠・大鳥居のライトアップや中禅寺湖畔のイルミネーションなどが楽しめますよ。



■冬は氷柱が見られることも



冬の華厳の滝.jpg



冬は真っ白い雪で覆われた岸壁や、滝のしぶきによってできる氷柱など幻想的な雰囲気になります。








華厳の滝へのアクセス



紅葉.jpg



華厳の滝への交通手段は、JR東武日光駅より路線バスです。東武バス中禅寺温泉行きに乗車し約40分です。「中禅寺温泉」バス停から徒歩約5分の場所にあります。



バスの運行頻度は1時間に2~4本程度、わりと頻繁に出ています。料金は1,250円です。



東武バス 日光路線バス








東京から日光へのアクセス



東京から日光へは、新幹線やJR東武線直通特急列車、高速バスなどで2時間から3時間前後でアクセスできます。詳しくはこちらの記事をご覧ください。










バスツアーで行くのもおすすめ



日光東照宮の神橋.jpg



華厳の滝へはバスツアーで行くのもおすすめです。日帰りツアーで1万円以下のツアーもあり、往復の交通費を考えるとかなりお得! また、日光東照宮や竜頭の滝など複数のスポットと一緒に巡れるのも魅力です。




「華厳の滝」へ行くバスツアーを検索する












華厳の滝周辺の観光スポット








■日光東照宮



日光東照宮.jpg



1617年に徳川家康公を御祭神として祀り創建された神社です。

境内の建築物のほとんどは鎮座から20年後の1636年に建て替えられました。社殿群は御本社、陽明門、眠り猫をはじめとした国宝8棟と多くの重要文化財があり、いずれも細密な彫刻や極彩色が印象的な江戸初期の宗教建築です。世界文化遺産「日光の社寺」の構成資産でもあります。




「日光東照宮」へ行くバスツアーを検索する







■竜頭の滝



竜頭の滝 (3).jpg



華厳の滝、湯滝と並んで奥日光三名瀑の1つとされる滝。男体山の噴火によってできた溶岩の上を210mにわたって流れ落ちます。滝つぼ近くで大きな岩によって流れが二分されており、その様子が竜の頭に似ていることからこの名が付いたといわれています。




「竜頭の滝」へ行くバスツアーを検索する







■湯滝



湯滝 (2).jpg



湯ノ湖の南端にある高さ70m、長さ110m、幅25mの滝。湯川をせき止めて湯ノ湖をつくった三岳溶岩流の岩壁を湖水が流れ落ちます。滝つぼ目の前に観爆台があり、迫力ある姿を眺められます。




「湯滝」へ行くバスツアーを検索する







■中禅寺湖



中禅寺湖 (2).jpg



奥日光の入口ともいわれる中禅寺湖。標高1,269mという高地にある、周囲約25km、最大水深163mの湖です。男体山のふもとに広がるのどかな湖畔では、初夏はツツジ、夏は新緑、秋は紅葉など季節ごとの美しい景色を楽しめます。遊覧船に乗って水上からの景色を楽しむのもおすすめです。




「中禅寺湖」へ行くバスツアーを検索する







■中禅寺(立木観音)



中禅寺.jpg



中禅寺湖畔にある寺院。784年、日光開山「勝道上人(しょうどうしょうにん)」によって建立。世界遺産「日光山輪王寺」の別院です。 御本尊の「十一面千手観世音菩薩」(国重要文化財)は、勝道上人が中禅寺湖上に千手観音様をご覧になり、その姿を桂の立木に彫ったと伝えられています。



■日光二荒山神社



日光二荒山神社.jpg



日光山信仰の始まりとなった古社で、二荒山(男体山)を御神体として古くから人々の信仰を集めていました。主祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)で縁結びのご利益で人気の神社です。日光山内の入り口を飾る木造朱塗りの美しい橋は同社の建造物です。




「日光二荒山神社」へ行くバスツアーを検索する







■明智平展望台・明智平ロープウェイ



明智平ロープウェイ.jpg



ロープウェイで3分。標高1,373m地点に明智平展望台があります。展望台からは華厳の滝、中禅寺湖や男体山、周りを囲む雄大な山々が見渡せます。ツツジの名所でもあり、5月から6月にかけてピンク、紫、白花が周囲を彩ります。




「明智平」へ行くバスツアーを検索する







■半月山展望台



半月山展望台.jpg



中禅寺湖スカイラインの突き当たりにある半月山駐車場付近の展望台。中禅寺湖に突き出る八丁出島や雄々しく佇む男体山、戦場ヶ原や白根山まで望める、日光有数の絶景スポットです。周辺には人気のハイキングコースも。




「半月山展望台」へ行くバスツアーを検索する







■鬼怒川温泉



鬼怒川温泉 (3).jpg



開湯300年の歴史がある関東でも有数の温泉地。鬼怒川が織り成す渓谷美は、早春はヤシオツツジ、夏は新緑、秋は紅葉が映え、四季折々の景色が楽しめます。龍王峡でのハイキングや鬼怒川ライン下りなどもおすすめです。




「鬼怒川温泉」へ行くバスツアーを検索する












日光観光をするなら、ぜひ華厳の滝へ行ってみてくださいね。

その他、華厳の滝と一緒に検討されている観光地へのアクセス方法はこちらをご覧ください。




(バスとりっぷ編集部)


情報提供元 : バスとりっぷ
記事名:「 日光・華厳の滝を解説! 見どころやアクセス方法、周辺の観光スポット、バスツアー情報をまとめて紹介