目次



ナガシマスパーランドの魅力

ナガシマスパーランド入り口

三重県桑名市長島町にあるナガシマスパーランドは、ジェットコースター数が日本最多を誇るテーマパークです。

全長2,479mの世界最長のスーパーコースター「スチールドラゴン2000」や、木製とスチールを融合し複雑でスリリングなコースを体験できる「白鯨」など、絶叫系アトラクションが目白押し。小さな子供用のアトラクションも含め、約60種ものアトラクションがあります。

その他ナガシマリゾート内には、夏季限定の巨大スライダーを併設した「ジャンボ海水プール」があり、夏休みの特定日には打ち上げ花火も楽しめます。隣接する「長島温泉 湯あみの島」は、一日遊んだ後に温泉でゆったりとくつろげるのが魅力です。また、花の名所「なばなの里」もすぐ近くです。

ナガシマリゾートの詳細はこちら

「ナガシマリゾート」を楽しむポイント&周辺バスターミナル情報! 直行高速バスで遊びに行こう



最安は高速バス! 大阪からナガシマスパーランドへのアクセス方法

ナガシマスパーランドバス停

ナガシマスパーランドへは、大阪から新幹線や高速バスなどを利用して2~3時間ほど。

おすすめは、大阪から高速バスで直行するルートか、大阪から名古屋まで新幹線を利用し、名古屋から高速バスを利用するルートです。それぞれの片道の所要時間や料金は次の通りです。

■高速バス

ルート:大阪梅田~ナガシマリゾート

所要時間:約3時間
料金:約2,000~3,000円(通常)
乗り換え:なし
メリット:料金が安い、乗り換えがない

■新幹線&高速バス

ルート:新大阪(新幹線)名古屋(高速バス)~長島温泉

所要時間:約2時間
合計料金:7,780円(のぞみ指定席:通常期)
乗り換え:1回
メリット:所要時間が短い

※2020年10月現在


新幹線・電車利用ルートの料金と所要時間は?

ちなみに、新幹線と在来線、路線バスを乗り継いでも行けます。こちらは新幹線&高速バスと料金がほぼ変わらず、乗換回数が増えるので、名古屋からは高速バスで移動する方が楽に移動できます。

■新幹線&在来線&路線バス

ルート:新大阪(新幹線)~名古屋(JR関西本線)~桑名(三重交通バス)~長島温泉

所要時間:約2時間30分
料金:7,570円
乗り換え:2回

地下鉄と特急、路線バスを乗り継いでも行けますが、高速バスで行くのと所要時間はほぼ変わらず、乗り換えもあるのであまりおすすめできません。

■地下鉄&特急&路線バス

ルート:新大阪(大阪メトロ)~なんば(近鉄特急)~桑名(三重交通バス)~長島温泉

所要時間:約3時間
料金:4,620円
乗り換え:2回

※2020年10月現在


大阪からナガシマスパーランドへのアクセス比較

所要時間 料金 乗り換え
高速バス 約3時間 約2,000~3,000円 なし
新幹線(新大阪→名古屋)
高速バス(名古屋→長島温泉)
約2時間 7,780円 1回
新幹線(新大阪→名古屋)
在来線(名古屋→桑名)
路線バス(桑名→長島温泉)
約2時間半 7,570円 2回
地下鉄(新大阪→なんば)
特急(なんば→桑名)
路線バス(桑名→長島温泉)
約3時間 4,620円 2回

※2020年10月現在

近隣には花のテーマパーク「なばなの里」も

なばなの里はナガシマスパーランドや長島温泉と共に、長島観光開発が運営する「ナガシマリゾート」の一施設です。梅、桜、桃、チューリップやコスモス、ベゴニアなど花々の他、ホタル、イルミネーションも楽しめる日本最大級の花のテーマパークで、こちらもナガシマスパーランドと同じくとても人気のあるスポット。

なばなの里

ナガシマスパーランドからは、長島温泉バス停よりバスで15分ほどでアクセスが可能です。また、大阪からなばなの里を巡れるとてもお得なバスツアーもあります。気になる人はぜひチェックしてみてください。
【大阪発】「なばなの里」行きバスツアー

高速バスで便利にアクセスできるナガシマスパーランド。交通費を節約して、その分現地でたっぷり遊びたいですね。

(バスとりっぷ編集部)

情報提供元:バスとりっぷ
記事名:「 高速バスが安くて便利! 大阪からナガシマスパーランドへのアクセス方法