アイカサとは? メリット・デメリットは?

「アイカサ」は全国11の都府県でサービスを提供する傘のシェアリングサービス。駅などに設置されたポートから傘をレンタルし、他のポートへ返却できます。

アイカサが利用できるエリア(2022年6月現在)

関東:東京・神奈川・埼玉・茨城
中部:愛知
関西:大阪・兵庫・奈良
九州:福岡・佐賀
中国・四国:岡山

都府県エリアをまたいでの返却も可能です。ただし、首都圏・関西・中部・岡山エリアはQRコードを読み込む「通信式」の傘ですが、福岡・佐賀・茨城(水戸)エリアは暗証番号を入力する「ダイヤル式」の傘なので、このエリアをまたいでの返却できません。

必要な時に必要な時間だけ傘をレンタルできるため、荷物になりにくいのが一番のメリット。旅先で急な雨に降られた時に借りて、晴れたら返して荷物を減らして観光…なんてこともできます。

デメリットとして、返す際はポートまで行かなければいけないという点があります。サービスの範囲外で返却することは当然できません。

詳細:アイカサ


実際に借りてみた! アイカサの利用方法

今回は実際に「アイカサ」のサービスを利用します。名古屋駅で借りて、岐阜駅で返却してみましょう!

事前の準備+レンタル

まず最初に、アイカサを利用するにはスマートフォンアプリ「アイカサ」をダウンロードします。事前にダウンロードして、決済方法の登録まで済ませておきましょう。
※決済方法を登録しないと、レンタルできません(登録作業は簡単で5分もかかりません)。

アイカサダウンロード.png
アイカサのダウンロード画面
支払い方法.png
支払い方法

こちらがアイカサのポート。そこまで大きくはありません。

アイカサポート.jpg

ポートにあるQRコードをスマートフォンで読み込むとロックが開き、傘を取り出せます。

QRコード.jpg
QRコードを読み込む

ポート解錠中のスマホ画面.png
ポート解錠中のスマホ画面

これでレンタルは完了、かなりスムーズです。
ちなみにポートにも案内があるので、飛び込みで借りようとしても安心ですね。

ポート案内.jpg
ポート案内2.jpg


どんな傘?

傘自体はかなり大きめ。折り畳み傘だと少し小さいかなという男性でも十分な大きさです!
またデザインはレンタルするエリアによって変わるようで、愛知・岐阜エリアでは名鉄のロゴ入りの黒い傘でした。

傘.jpg
こちらがレンタル傘
傘開けた状態.jpg
傘を開くとこのような状態


返却

岐阜駅のレンタルポートがこちら。返却の際もQRコードを読み込みます。
ここでもそれ以外には特に操作は不要、一瞬で返却が完了します。

岐阜駅ポート.jpg
岐阜駅のレンタルポート


アイカサの料金について

料金.jpg

料金は基本的には24時間で70円。100均のビニール傘を買うよりも安いです。他に2本まで月額280円で借りられる使い放題プランや、何度借りても0円のU22応援プランなんかもあります。


名鉄バスセンター付近のレンタルスポット

名古屋駅にはレンタルポートが3カ所あります。うち2カ所が名鉄の改札前(西改札前・中央改札前)にあるのでわかりやすいですね。今回借りたのは中央改札前のポートです。

地図上のナナちゃん人形くらいの位置が名鉄バスセンターなので距離的にもすぐ近く。ビル内を通って行けるので、雨が降っていてもレンタルスポットまでは濡れずに行けます!

名古屋駅マップ.png
名古屋駅のマップ

名古屋行きの高速バス


まとめ

傘のシェアリングサービス「アイカサ」はいかがでしたか?
事前の登録さえしておけば、かなり簡単に借りて返却できます。アイカサを便利に使って、雨を気にせず旅行を楽しんでくださいね!

アイカサ

(Goomba)

情報提供元 : バスとりっぷ
記事名:「 バス旅中に雨が降ってきたらコレ! 傘のシェアリングサービス「アイカサ」がおすすめ。利用方法や料金は?