座席数が一番少ないのは豪華バス「ドリームスリーパー」

現在運行されている高速バス車両の中で、一番座席数が少ないのは「ドリームスリーパー」です。車両は三菱ふそう・エアロクイーンで、座席数は全11席! 両備バス・関東バスが共同運行する「東京~大阪線」と中国バスが運行する「東京~広島・福山線」があります。

個室.jpg
完全個室の空間.jpg

座席配置は横2席・縦6列から、お手洗い分の1席を除いて合計11席です。座席は扉付きの完全個室型になっているので、11席というよりも11室ですね。

一般的な4列シートの車両は、横4席・縦10~11列の合計40~45席(補助席を含まない)。それと比較すると、かなり広々とした配置です。ざっくり計算すると、ドリームスリーパーでは4席分の座席を1室で使用しているということになり、かなり贅沢!

ドリームスリーパー

東京~大阪線
東京発
大阪発

※東京~広島・福山線は2022年1月現在、運休中です


一番多い座席数は64人乗り!「富士山静岡空港静岡線」で運行

高速道路を走るバスの中で一番座席数が多いのは、しずてつジャストラインの「富士山静岡空港静岡線」で運行している64人乗りの新型エアロエース。64人乗り車両は2019年に全国で初めて採用されました。

64席の内訳は、横4席・縦13列(最後部は5席)プラス補助席が11列目まであります。今までは補助席を含めても60人乗りが最大でした。

64人乗り.jpg

この座席数はシートを薄く軽量化したことで実現しました。
シートの厚みをなくしたことで、実は縦12列の60人乗りバスよりも足元は1.8センチほど広くなっている、というから驚きです!

シートが薄い.jpg

シートは財布に入れられるカードと同じくらいの薄さ。

カードと同じくらいの薄さ.jpg

乗り心地はこちらをチェック


長距離路線のドリームスリーパーと、運行時間が1時間程度の空港バスでは、座席数にかなり違いがあることがわかります。今後もっと座席数が少ない、あるいは多い高速バス車両が登場するのか気になりますね…!

(バスとりっぷ編集部)

情報提供元 : バスとりっぷ
記事名:「 一番座席数が少ないのは豪華バスの◯◯! 座席数が一番多いバス車両は?