目次



河津桜の見頃はいつ? どんな桜?

河津桜.jpg

早咲きの桜として知られる河津桜。明るいピンク色が多い一重桜で、2月初旬頃から3月初旬頃までの約1カ月間、開花を楽しめます。開花期が長いのに加えて、染井吉野のように、雨風で花びらが散ってしまうことがあまりないのも特徴。伊豆諸島、房総半島に自生する早咲きの桜の一種・大島桜と緋寒桜の自然交配種と推定されています。河津町が発祥ですが、現在は、伊豆や三浦などでも植栽されています。

河津桜は、静岡県河津町田中の住民が偶然発見した桜の苗を植えたところ、のちにピンク色の花が約1カ月にわたって咲き続けたことから存在が知られるようになりました。その後、増殖活動などが行われます。また、原木が河津町にあることから1974年に「河津桜」と命名され、1975年には河津町の木に指定されました。原木は今でも河津町にあり、道路に覆いかぶさるほどの大木となり、通行人の目を楽しませています。

河津駅近くの河口から上流へ向かう河畔は4キロにわたり、約850本の河津桜が植えられており、シーズンには圧巻の春景色を見せています。



シーズン中は河津桜まつりが開催

河津桜1.jpg

河津町では2月上旬頃から約1カ月の間「河津桜まつり」が開催されています。会場は河津駅周辺。駅から約4キロ、河川に沿って咲き誇る河津桜の景色が楽しめます。

菜の花と河津桜の競演や河津桜の原木、かわづいでゆ橋付近での桜のトンネルなど見どころがたくさん! また、さくらの足湯処、豊泉の足湯処、河津三郎の足湯処など、足湯に浸かりながら桜を眺められるとっておきのスポットも。期間中は多くの露天が出店し、美味しい食べ物や、地場産品、お土産などを存分に楽しめるのも魅力です。夜にはライトアップが実施され、幻想的な景色に包まれます。

例年は2月初旬~3月初旬が開花時期で、満開の期間はおよそ10日ほど。ただし、満開ではなく5~6分咲きでも充分に鑑賞できます。

イベントや開花情報は、以下の公式サイトをご覧ください。
河津桜まつり



河津桜まつり(河津駅)へのアクセス方法

東京駅発

東京駅から河津駅へ行くには主に特急踊り子号、新幹線+普通列車、普通列車のみで行く3つの方法があります。

特急踊り子号を利用すると、東京駅から乗り換えなしで行けるので1番ラクにアクセスできます。新幹線を利用すると普通列車のみで行くよりも早く着きますが、特急踊り子号と料金や所要時間はほぼ変わりません。

普通列車のみなら特急や新幹線の利用時より2,000円ほど安く行けます。しかし、所要時間が長いため、日帰りではちょっとタイトなスケジュールになってしまいそうです。

特急踊り子号新幹線+普通列車
(熱海乗り換え)
普通列車
(熱海乗り換え)
料金5,800円5,990円3,700円
所要時間約2時間20分~約2時間30分~約3時間40分~
乗り換えなし1回1回

※2022年1月調べ
※新幹線の特急料金は通常期・指定席の場合
※出発時間によって乗り換え回数などは変動あり


新宿駅発

新宿駅からは、特急踊り子号や小田急特急+普通列車、普通列車のみで行く方法があります。

特急踊り子号は午前中に1便のみ運行しています。新宿駅から河津駅まで乗り換えなしで行けるので1番ラクにアクセスできますが、本数が少ないのがネック。品川駅や横浜駅まで普通列車で行き、各駅から特急踊り子号に乗り換えて行くこともできますが、料金は5,000円以上かかるため、所要時間や乗り換え回数が変わらず料金の安い小田急線の特急を利用するルートのほうがおすすめです。

小田急線の特急を利用するルートは、特急踊り子号1本で行く場合と比べても、時間は少しかかりますが安く行けます。一番料金が安いのは普通列車のみで行く方法です。時間がかかっても大丈夫であればおすすめ。

特急踊り子号小田急特急+普通列車
(小田原・熱海乗り換え)
普通列車
(小田原・伊東乗り換え)
料金5,800円3,880円2,970円
所要時間約2時間35分約3時間~約3時間20分~
乗り換えなし2回2回

※2022年1月調べ
※出発時間によって乗り換え回数などは変動あり



交通費を節約したいならバスツアーもおすすめ

河津桜と菜の花.jpg

バスツアーで河津桜まつりへ行くのも1つの方法です。関東や名古屋などからはバスツアーで行けます。特に東京からは数多くのツアーが開催されています。1万円以下のツアーが多くあるため、交通費を節約したい人にもとてもおすすめです!

例えば、2022年催行予定のツアーでは、次のようなものがあります。

[新宿発]色鮮やかな河津桜観賞を長めの滞在でお楽しみ!お買い物と桜観賞ツアー(2022年2月まで催行予定)

料金:5,880円~

河津桜の鑑賞・自由散策が3時間楽しめるツアーです。めんたいパーク伊豆への立ち寄りも含まれています。往復の交通費を考えると、6,000円前後で新宿から往復できるバスツアーはとてもお得です!

以下、新宿からの往復交通費とバスツアー料金を比べました。小田急特急+普通列車で行く場合と比べてバスツアーは1,880円、特急踊り子号で行く場合と比べて5,720円も安く河津桜を見に行けます。

新宿駅発の料金比較

特急踊り子号小田急特急バスツアー
往復交通費or
ツアー料金
11,600円7,760円5,880円~
昼食別途別途込み


東京発 いちご狩り食べ放題(30分)伊豆名物桜えびとしらす釜飯御膳のご昼食!伊豆河津桜まつり散策 日帰り 伊豆の風物詩!「河津桜まつり」で早咲きの桜を堪能♪(2022年2月まで催行予定)

料金:9,470円

ボリュームたっぷりの昼食付きでいちご狩りと河津桜まつりが楽しめるツアーです。豪華昼食・いちご狩り30分食べ放題付きで1万円以内とは魅力的。東京から公共交通機関で行く場合と比べてもコストパフォーマンスに優れています。

東京駅発の料金比較

特急踊り子号普通列車バスツアー
往復交通費or
ツアー料金
11,600円7,400円9,470円



河津町へ行くバスツアーは、他にも多く開催されているので気になる方はぜひ検索してみてください。

河津町の「河津桜」を見に行くバスツアーを検索する

(バスとりっぷ編集部)

情報提供元 : バスとりっぷ
記事名:「 河津桜の見頃はいつ? 「河津桜まつり」の概要や河津駅への行き方、お得なバスツアー情報を紹介