東京の紅葉があちこちで色づいてきました。今回は、都心にある入場無料の4つの公園をご紹介します。お時間のあるときに気軽に立ち寄って、今年の紅葉を楽しんでみてはいかがでしょうか。ゆったり歩けば気分もリフレッシュ! 東京とは思えないような豊かな自然に出会えますよ。
紅葉散歩にはtenki.jp『紅葉見ごろ情報』もぜひご活用ください。
※外出の際は、手洗い、咳エチケット等の感染対策や、『3つの密』の回避を心掛けましょう。
※新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出の自粛を呼び掛けている自治体がある場合は、各自治体の指示に従いましょう。
※お出かけの際は、各施設、イベントの公式ホームページで最新の情報をご確認ください。


走っても楽しい紅葉のトンネル/駒沢オリンピック公園(東京都世田谷区)

緑とスポーツ施設が調和した運動公園です。昭和に開催された東京オリンピックの第2会場にもなりました。公園管理所口から公園西口のケヤキ並木や駒沢通り沿いのイチョウ並木は、見ごろ時期には黄金のトンネルに! ウォーキングやランニング、ワンちゃんとのお散歩やサイクリングを楽しみながら紅葉を眺めることができます。思いきり体を動かして遊べるので、休日にご家族で立ち寄るのもおすすめです。
駒沢オリンピック公園
■所在地:東京都世田谷区駒沢公園1-1 ※アクセスはこちら
■見ごろ時期:例年 11月中旬~12月上旬/今年 11月中旬~12月上旬
■紅葉の種類:イチョウ、ケヤキ、トウカエデ、サクラ
※詳細は公式サイトをご参照ください

※写真はイメージです

※写真はイメージです


オフィス街の錦秋!読書の秋にもおすすめ/日比谷公園(東京都千代田区)

皇居の南に位置する、オフィス街にある緑のオアシスです。紅葉の時季には、高層ビルを背景に鮮やかな秋の色彩を満喫できます。お仕事やショッピングの空き時間に気軽に立ち寄ってお散歩はいかがでしょうか。雲形池周辺にあるモミジや並木道にあるイチョウが美しく色づき、歩いていると気分が高揚します。園内には「日比谷図書文化館」も。館内はくつろげる空間になっていて、窓からも紅葉が見えますよ。読書の秋を楽しむにもぴったりですね。
日比谷公園
■所在地:東京都千代田区日比谷公園1-6 ※アクセスはこちら
■見ごろ時期:例年 11月下旬~12月中旬/今年 11月下旬~12月中旬
■紅葉の種類:モミジ、イチョウ
※詳細は公式サイトをご参照ください

※写真はイメージです

※写真はイメージです


まるで外国のよう♪水面に映るメタセコイアの森/水元公園(東京都葛飾区)

小合溜(こあいだめ)に沿って造られた、都内で唯一水郷の景観をもった公園です。水辺でバードウォッチングやキャンプも楽しめます。見どころはなんといっても「メタセコイアの森」。生きている化石として知られるメタセコイアおよそ1500本が立ち並び、異国を思わせるような風景が広がります。毎年12月初旬頃になるとレンガ色に染まり、太陽の光に美しく輝きます! 水面に映る紅葉やポプラ並木も絶品。東京とは思えない風情をぜひ楽しんでみてくださいね。
水元公園
■所在地:東京都葛飾区水元公園3-2 ※アクセスはこちら
■見ごろ時期:例年 11月上旬~12月中旬/今年 予想なし
■紅葉の種類:メタセコイア、ラクウショウ、ポプラ
※詳細は公式サイトをご参照ください

※写真はイメージです

※写真はイメージです


ボートに乗って紅葉狩りなどいかがですか/井の頭恩賜公園(東京都武蔵野市)

お洒落な雑貨店やグルメで人気の吉祥寺にある公園です。大正6年に日本で最初の郊外公園として開園。園内は4つのエリアに分かれていて、池や雑木林、動物園、スポーツ施設などがあります。池の周辺を取り囲む紅葉は木漏れ日に映えて美しく、ボートに乗って池の上からのんびりと眺めるのもおすすめ。御殿山、西園もさまざまな木々の落ち葉がじゅうたんのように足元に敷きつめられ、あちこちで絵画のような風景が楽しめますよ。晩秋のデートコースにも最適です。
井の頭恩賜公園
■所在地:東京都武蔵野市御殿山1-18-31 ※アクセスはこちら
■見ごろ時期:例年 11月下旬~12月上旬/今年 11月下旬~12月上旬
■紅葉の種類:モミジ、サクラ、ケヤキ
※詳細は公式サイトをご参照ください

お近くの公園にも、これまで気づかなかった素敵な紅葉スポットがあるかもしれません♪ ちょっと足をのばして、今年の晩秋を思いきり楽しんでみてはいかがでしょうか。

※写真はイメージです

※写真はイメージです