15日(月)は、全国的に雨。地震による揺れの大きかった地域では、土砂災害に注意が必要。16日(火)以降は、北日本や東日本の日本海側を中心に雪に。太平洋側は晴れて乾燥する所が多い。

●15日(月) 傘が役に立たないほどの雨に注意を

15日(月)は、前線を伴った二つの低気圧が、発達しながら本州の南岸や日本海を進む見込みです。全国的に風が強まるでしょう。九州から東海にかけては、午前を中心に雨で、激しく降る所もありそうです。ただ、午後は天気が回復し、晴れ間が戻る所もあるでしょう。北陸や関東は、春のような陽気から一転、朝から雨が降ったりやんだりする見込みです。局地的にカミナリを伴って激しく降り、傘があっても役に立たないほどの雨になる所もありますのでご注意下さい。東北は、午後を中心に雨や雪が降りそうです。昨日の大地震で、地盤の緩んでいる所では、少しの雨でも災害が起こりやすくなっています。傾斜の大きい所では、土砂災害にくれぐれもご注意下さい。北海道は雨や雪が降るでしょう。

●16日(火)から18日(木) 強い冬型の気圧配置に

16日(火)は、前線を伴った低気圧は日本の東へと離れ、西高東低の冬型の気圧配置となります。北陸から北の日本海側を中心に雪になるでしょう。16日(火)から18日(木)にかけて、冬型の気圧配置が強まり、雪の降る範囲は広がります。九州北部から北海道の日本海側にかけて、広く雪が降り、沿岸部を中心に強い風も吹き付け、大荒れの天気になるでしょう。山沿いだけでなく、市街地でも雪が降りますので、大雪による交通機関への影響にご注意下さい。また、受験シーズン真っ只中となっています。受験生の方は、最新の情報に注意し、時間に余裕を持って行動して下さい。太平洋側は、晴れの天気が続きます。ただ、山沿いでは強い風とともに、雪雲が流れ込んでくる所があります。車で峠越えをされる方は、路面状況に十分ご注意下さい。なお、空気の乾燥した状態も続きますので、体調管理や火の取り扱いにも注意が必要です。

●19日(金)以降広く晴れるが 山沿いではなだれや落雪に注意を

19日(金)は、日本付近は次第に冬型の気圧配置は緩み、西から高気圧に覆われる見込みです。九州から関東にかけて、強い風は収まり、広く晴れるでしょう。東北から北海道の太平洋側も大体晴れますが、北陸や東北から北海道の日本海側では、雪の降る所がありそうです。20日(土)から21日(日)は、日本付近は高気圧に覆われて、全国的に晴れるでしょう。最高気温は3月から4月並みとなり、東日本や西日本を中心に春本番の陽気になる所もあります。積雪が多い地域では雪崩や融雪にご注意下さい。なお、除雪作業中は、足元だけでなく、屋根からの落雪にも注意が必要です。作業する際は、二人以上で行い、やむをえず一人で行う場合は、家族や隣近所に声をかけておきましょう。

●被災地の週間天気

15日(月)は、関東は朝から雨、東北の太平洋側は昼頃から雨が降るでしょう。沿岸部ほど雨脚が強まり、カミナリを伴って激しく降る所がありそうです。昨日の地震で、地盤の緩んでいる所では、少しの雨でも災害が起こりやすくなっています。傾斜の大きい所では、引き続き土砂災害に十分警戒して下さい。沿岸部を中心に吹く強い風にもご注意下さい。16日(火)から18日(木)にかけて、日本付近は強い冬型の気圧配置になります。各地とも晴れますが、冷たく乾いた風が強く吹きます。山沿いを中心に雪雲の流れ込んでくる所もあるでしょう。さらに17日(水)頃は寒気の底となります。日中でも厳しい寒さが予想されますので、避難所では、寒さ対策はもちろんのこと、感染症にも十分ご注意下さい。19日(金)以降は、各地とも晴れて、風も穏やかになりそうです。ただ、空気の乾燥した状態は続きますので、体調管理や火の元にお気を付け下さい。