きょう(8日)も日本海側では雪が降り、九州から北海道まで大雪に警戒が必要。特に雪が強まる北陸は、あす(9日)午前6時までの24時間でさらに120センチの降雪が予想されています。

●強い冬型と寒気流入

きのう(7日)から急速に発達した低気圧は、北海道の東へ。きょう(8日)日本付近は強い冬型の気圧配置となり、強い寒気が流れ込むでしょう。上空1500メートル付近で、西日本ではー15℃以下と、今シーズン一番強い寒気です。
このあとも日本海側は広く雪が降るでしょう。特に北陸では断続的に雪の降り方が強まり、積雪が急増しそうです。北海道や東北は太平洋側も内陸を中心に雪が降り、大雪になる所があるでしょう。
関東甲信や東海、近畿など、東日本や西日本の山沿いでも、さらに雪が積もりそうです。雪に慣れていない四国や九州などでも雪が降るでしょう。平野部は晴れる所が多いですが、風が冷たく、厳しい寒さになりそうです。

●雪や風の予想

【予想降雪量】あす9日午前6時まで(多い所)
北陸 120センチ
中国地方、近畿、東海 70センチ
東北 60センチ
北海道 50センチ
関東甲信 40センチ
四国 30センチ
九州北部、九州南部 20センチ
【風の予想】8日
最大風速(最大瞬間風速)
北海道 23メートル(35メートル)
東北 20メートル(30メートル)
すでに大雪になっている所も多く、車の立ち往生など、交通への影響が心配されます。風が強い北日本を中心に、ふぶいて見通しが悪くなることも。外出の必要がある場合は、万全の装備をお願いします。あさって10日(日)頃にかけても雪が降り続くため、大雪による影響が長引くでしょう。