この先1か月の天気は、秋らしく数日の周期で変わりそうです。一方で気温は全国的に高い予想で、季節の進み方はゆっくりと感じられるでしょう。

●天気は次第に秋らしい周期変化に しかし、気温は高い

気象庁はきょう(10日)、1か月予報を発表しました。それによりますと、向こう1か月は北日本・東日本・西日本で天気は数日の周期で変わり、秋らしい天気の変化となりそうです。お出かけの予定を立てられる際は、週間予報などで天気をチェックすると良いでしょう。
一方、気温は全国的に平年より高い予想で、季節の進み方はゆっくりと感じられそうです。ただ、次第に朝晩はヒンヤリするような日も増えてきますので、体調を崩さないようお気をつけください。

●1週目(9月12日~18日)

1週目は、はじめ熱帯低気圧が日本の南の海上を北上し本州に近づくため、12日ごろにかけて影響を及ぼす可能性があり、注意が必要です。その後、北日本から西日本にかけて、天気は数日の周期で変わります。ただ、北日本と東日本、そして西日本の日本海側では低気圧や前線、寒気の影響を受けるため、平年に比べて曇りや雨の日が多くなるでしょう。
気温は、東日本と西日本は暖かい空気が入りやすいため平年より高い予想で、残暑が続きそうです。一方、北日本と沖縄・奄美は、寒気の影響や、台風の通過で海面水温が下がった影響を受けるため、平年並みとなる見込みです。

●2週目(9月19日~25日)

19日は「秋の彼岸入り」です。「暑さ寒さも彼岸まで」と言われますが、2週目の気温は、北日本と東日本は高い予想で、西日本と沖縄・奄美は平年並みか高い予想です。この時期になっても、まだ日中は残暑が続きそうです。ただ、朝晩はヒンヤリする日もあるので、体調管理に注意してください。
天気は、北日本から西日本にかけては数日の周期で変わるでしょう。東日本の太平洋側は曇りや雨の日が多くなりそうです。沖縄・奄美は、晴れの日が多いでしょう。

●3~4週目(9月26日~10月9日)

10月8日は、二十四節気の「寒露」です。野の草に冷たい露が降り、肌寒さを感じるころです。ただ、この時期の気温は東日本から沖縄・奄美にかけて高い予想です。また、北日本も平年並みか高い予想で、季節の進み方は暦通りとはいかなそうです。
天気は2週目と同じような傾向で、北日本から西日本にかけて数日の周期で変わるでしょう。東日本の太平洋側は曇りや雨の日が多くなりそうです。沖縄・奄美は、晴れの日が多いでしょう。
【北日本】北海道・東北地方
【東日本】関東甲信・北陸・東海地方
【西日本】近畿・中国・四国・九州北部地方・九州南部
【沖縄・奄美】鹿児島県奄美地方・沖縄地方