この先、日本付近に湿った空気が流れ込みやすく、前線や低気圧がたびたび通過。特にあすは東海地方を中心に雨雲発達。局地的な大雨も。厳しい残暑は次第に収まる。

●気温の傾向

きょう8日は、夏の高気圧(太平洋高気圧)の張り出しが強く、強い日差しと南風の力で気温がグングン上昇。本州の日本海側を中心に、午前中から35度を超えた所もあります。
あす以降は、夏の高気圧の勢力が少しずつ弱まるでしょう。季節外れの猛暑は収まり、日本の北からは秋の涼しい空気をもった高気圧が張り出してきます。週末頃からは、北海道は日中も長袖の出番となり、朝晩は内陸で10度前後と寒いくらいになるでしょう。東北や北陸、関東から西も、日中の気温が30度に届かない所が多くなり、夜の寝苦しさからもようやく解放されそうです。

●天気の傾向

太平洋高気圧の力が弱まるにつれて、日本付近は湿った空気が流れ込みやすくなり、前線や低気圧の通り道となりそうです。この先、全国的に、曇りや雨の日が多くなるでしょう。
特に、あす9日は、近畿や東海、関東、北陸、東北にかけて、広い範囲で大気の状態が不安定に。あちらこちらで雨や雷雨がありそうです。中でも東海では、午後は断続的に激しい雨を降らせるような活発な雨雲がかかるでしょう。すでに、ここ数日の雨で地盤の緩んでいる所があり、土砂災害に警戒が必要です。