東北各地で今年一番の危険な暑さを更新中。今夜は熱帯夜の所が多く、夜間の熱中症にも十分注意が必要です。夕方からは福島県中心に激しい雨の所も。

●すでに体温を超えるような暑さに

11日午後1時までの最高気温は福島県伊達市梁川町で38.2度、福島市で37.7度、岩手県一関市で37.5度、同宮古市で36.5度、山形市で36.7度、宮城県蔵王町で36.2度、仙台市で34.7度などとなっています。日中の予想最高気温は福島市で38度、山形市で37度、仙台市で36度と猛烈な暑さ、青森市で34度、秋田市、盛岡市で33度などとなっていて、命の危険を感じるような暑さの所が多いでしょう。

●めまい・ふらつきは熱中症のサイン

熱中症の初期症状のひとつにめまいやふらつきなどがあります。重症になると意識障害などを起こす場合があるため、少しでも体の異変を感じたらすぐに涼しい場所で休むことが大切です。そのうえでたっぷりの水分補給と、たくさん汗をかいたときは適度な塩分もとるようになさってください。アルコールやカフェインは利尿作用があるため水分補給には適しません。また、意識がないような場合は、無理に水分を飲ませると危険なため、すぐに病院に連れて行くようにしましょう。

●夕方から激しい雨や雷雨も

11日は青森県や秋田県付近は前線や湿った空気の影響で所々で雨や雷雨があるでしょう。さらに夕方以降は福島県の南部を中心に大気の状態が不安定になって、1時間に40ミリ以上の激しい雨や雷雨が予想されます。短時間にアンダーパスが冠水するような恐れがあり、雨の降り方にも注意・警戒をなさってください。

●今夜は熱帯夜 おやすみ前も水分補給

この先も厳しい残暑が続くため、食事や睡眠をしっかりとって体調を整えることが大切です。あす12日朝の最低気温は各地で25度以上の予想で、今夜は熱帯夜の所が多くなる見込みです。寝る前にコップ一杯の水分をとるなど、夜間の熱中症にも気を付けましょう。