きょう29日は、九州から東海は厳しい暑さの所が多くなっています。和歌山県新宮市などでは猛暑日となっています。一方、関東から北海道は太平洋側を中心に涼しい空気に包まれています。

●西日本で猛暑日も 東・北日本の太平洋側はしのぎやすく

きょう29日、梅雨前線の南側の九州から東海では気温が上がり、厳しい暑さの所が多くなっています。午後2時までの最高気温は和歌山県新宮市と高知県四万十市江川崎で35.2℃と猛暑日となっています。全国のアメダスのうち猛暑日地点が観測されるのは3日ぶりのことです。
一方で、前線の北側の関東から北海道では暑さは控えめとなっています。特に太平洋側の地域にはオホーツク海高気圧から涼しい空気が流れ込んでいます。東京都心の午後2時までの最高気温は未明に観測された25.6℃で、午後2時の気温は24.6℃です。昨日の同じ時間と比べると5℃低く、しのぎやすくなっています。また、仙台市の午後2時までの最高気温は23.1℃と平年を5℃ほど下回っています。

●あすも東海以西は熱中症に注意

あす30日も九州から東海は厳しい暑さが続くでしょう。最高気温は32℃ほどまで上がる所が多く、内陸部では35℃くらいまで上がる所もありそうです。万全な熱中症対策が必要です。
関東から北海道は日本海側では最高気温が30℃くらいまで上がる所もありますが、太平洋側はしのぎやすい状態が続くでしょう。東京都心や仙台市の最高気温は25℃ほどで厳しい暑さはなさそうです。