近畿地方では、29日の午後は局地的に激しい雷雨になる恐れがあります。空模様の変化や落雷、突風に注意をしてください。

●北部と中部を中心に雨

きょう29日は梅雨前線が西日本を南下するため、近畿地方では、北部や中部を中心に激しい雷雨になる所もある見込みです。帰宅の時間帯には、山沿いだけでなく京阪神周辺の都市部でも雨脚が強まる所がありそう。道路に大きな水たまりが出来たり、道路際の側溝から水が溢れ出したりする恐れがあるため、低い土地の浸水や河川の増水、落雷や突風に注意が必要です。

●週末にかけての天気

近畿地方では、8月1日土曜日までは雲が広がりやすく、雨や雷雨の所もありそう。ただ、梅雨前線の活動次第では晴れ間が多くなる可能性もあります。遅れている近畿地方での梅雨明け発表は、早ければ今週中となりそうです。