starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

【ユーロ】采配的中!?イングランド・サウスゲート監督、ケーン途中交代は「打撲」と説明


イングランドのサウスゲート監督(AP)

<欧州選手権(ユーロ2024):オランダ1-2イングランド>◇10日(日本時間11日)◇準決勝◇ドルトムント

悲願の初優勝を狙うイングランド(FIFAランキング5位)がオランダ(同7位)に2-1で逆転勝ちし、準優勝だった前回大会に続いて決勝に進んだ。14日(日本時間15日)の決勝で3大会ぶり4度目の優勝を目指すスペインと対戦する。

イングランドは0-1の前半18分にFWハリー・ケーン(30=バイエルン・ミュンヘン)のPKで同点に追い付くと、後半追加タイムに途中出場のFWオリー・ワトキンス(28=アストンビラ)が決勝点を決めた。

結果としてサウスゲート監督(53)の交代策がはまった。後半36分にケーンとフォーデンに代えてワトキンスとパーマーを投入。その途中出場の2人の連係で決勝点が生まれた。パーマーの右からのパスを受けたワトキンスが右足で決めた。

指揮官は「最も重要なのは全員が試合に臨む準備ができていること。オリー(ワトキンス)の活躍には感激している」と、今大会初となる途中出場選手のゴールを喜んだ。

エースのケーンを交代させた理由については「ハリー(ケーン)は打撲」と説明。「プレスが少し弱まり始めていると感じていた。オリーは相手にプレッシャーをかけ、(DFの)背後に走り込むのもうまい。試すにはいいタイミングだった」と話した。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.