starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

【ユーロ】イングランドがオランダに競り勝って決勝進出 途中出場ワトキンスが終了間際に決勝点


ゴールを決めるイングランド・ワトキンス(AP)

<欧州選手権(ユーロ2024):オランダ1-2イングランド>◇10日(日本時間11日)◇準決勝◇ドルトムント

悲願の初優勝を狙うイングランド(FIFAランキング5位)がオランダ(同7位)を2-1で下し、準優勝だった前回大会に続いて決勝に進んだ。1-1の後半追加タイムに途中出場のFWワトキンス(28=アストンビラ)が値千金の決勝点を決めた。13日(日本時間14日)の決勝でスペインと対戦する。

先制したのはオランダ。前半7分、MFシャビ・シモンズ(ライプチヒ)が敵陣でMFライス(アーセナル)からボールを奪い、そのまま右足ミドルをゴール左に突き刺した。21歳のMFの今大会初ゴールで幸先よくリードを奪った。

だが、イングランドが同点に追い付く。前半14分過ぎにペナルティーエリア内でFWケーン(バイエルン・ミュンヘン)が右足でシュートを放った瞬間にDFドゥムフリス(インテル・ミラノ)が足の裏を見せる危険なプレー。VARの結果、PKとなり、それを同18分にケーンが自ら落ち着いて左隅に決めた。今大会得点ランキングトップに並ぶ3点目。大会通算7点目でFWシアラーのイングランド歴代最多記録に並んだ。

その後は23分にMFフォーデン(マンチェスター・シティー)が個人技からGKをかわして右足で流し込むが、PKを献上したドゥムフリスがゴールライン上でストップ。そのドゥムフリスは同30分に右CKを頭で合わせ、高い打点から放った強烈なシュートはクロスバーに当たった。イングランドはその2分後にフォーデンがペナルティーエリア外から左足でシュート。カーブのかかったボールはポスト左上を直撃した。

オランダは前半35分にFWデパイ(アトレチコ・マドリード)が負傷交代。前半はイングランドが押し込む展開だったが、1-1で折り返した。

イングランドは後半開始からDFルーク・ショー(マンチェスター・ユナイテッド)がDFトリッピアー(ニューカッスル)に代わって途中出場したが、セットプレーからピンチがあり、後半20分にGKピックフォード(エバートン)がDFファンダイク(リバプール)のシュートを好セーブした。

後半から守勢に回ったイングランドは36分にケーンとフォーデンを下げて、FWワトキンス(アストンビラ)とMFパーマー(チェルシー)を投入。その交代策が的中する。試合終了間際の後半46分、右サイドからパーマーのパスを受けたワトキンスがペナルティーエリア内の右から反転して右足で左サイドネットに突き刺して勝ちきった。

〈イングランドの勝ち上がり〉☆=PK戦勝ち

1次リーグ ○1-0セルビア

1次リーグ △1-1デンマーク

1次リーグ △0-0スロベニア

ラウンド16 ○2-1スロバキア(延長)

準々決勝  ☆1-1スイス(5PK3)

準決勝   ○2-1オランダ

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.