starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

【WEリーグ】新潟L始動 新戦力の有吉佐織「いい雰囲気」川澄奈穂美は2季連続主将に意欲示す


新潟Lの始動に参加し、パスを出す有吉(撮影・小林忠)

初タイトルに挑むWEリーグ、アルビレックス新潟レディースの新シーズンがスタートした。チーム始動日の10日はトラップとパスの質にこだわったボール回しや、変則的なミニゲームで汗を流した。大宮から完全移籍で加入したDF有吉佐織(36)は「緊張せず、いい雰囲気の中で楽しくできた。試合に向けてコンディションを上げていきたい」と笑顔で初日の練習を振り返った。

パスを受け、フェイントで相手の逆を取り攻撃につなげる-。両サイドバック(SB)が主戦場の元日本女子代表は攻守両面でハイレベルなプレーを見せる。15年の女子W杯カナダ大会ではMF川澄奈穂美(38)MF上尾野辺めぐみ(38)とともに準優勝に輝いた。経験豊富なSBの加入に橋川和晃監督(53)は、「(対戦時)有吉がいるサイドは突破できなかった。攻撃の組み立てもできるリーグ屈指の選手が来てくれた」と大きな期待を寄せる。

チーム始動前日の9日夜に新潟入りしたばかり。「引っ越しがギリギリで実はまだ(新居に)入居できてなくて…(笑い)」と新生活の準備が整うまでは日体大の2学年先輩の川澄宅で寝泊まりする。「ご飯がおいしいし、海が近い。新潟での生活も楽しみ」と笑顔を見せるサイドの仕掛け人は、「新潟は隙があってもなくても、そのスペースを使える個性豊かな選手がそろっている。しっかり連係し、いい守備から攻撃につなげたい」。攻守において味方を輝かせることができるニューフェースが、チームの“堅守柔攻”をアップデートさせていく。【小林忠】

◆有吉佐織(ありよし・さおり)1987年(昭62)11月1日生まれ、佐賀県出身。ミルンFC-神村学園中-神村学園高-日体大-日テレ東京V-大宮-新潟L。U-20女子日本代表、ユニバーシアード日本女子体表、日本女子代表。チャレンジリーグ、なでしこリーグ、WEリーグ通算235試合出場13得点。なでしこリーグベストイレブン4度(13、14、15、16)受賞。160センチ。

○…在籍2季目の川澄は「タイトルを目指すのではなく、挑む。いかに個を伸ばせるか。1人でも『これぐらいでいいか』と思ったらチーム力は向上していかない。そこは全員で徹底していく」と語気を強め、2季連続の主将就任については「監督にやれと言われたらやります!」と笑顔で意欲を示した。

○…就任2季目の橋川監督は「選手がオフでもしっかりと体を動かしてくれていた印象」と初日の練習を振り返った。クラブの初タイトルに向けては「挑むということ。それには攻撃力アップが必要。決定率は高いアベレージにあるので、シュートの数を増やすことが重要」と話した。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.