starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

【楽天】神がかっている小郷裕哉「いけそうな感じがあって」交流戦の得点圏打率は驚異の5割超え


楽天対巨人 サヨナラの適時二塁打を放った楽天小郷は、笑顔でポーズをとる(撮影・菅敏)

<日本生命セ・パ交流戦:楽天7-6巨人>◇11日◇楽天モバイルパーク

神様、仏様、小郷様-。楽天小郷(おごう)裕哉外野手(27)が「日本生命セ・パ交流戦」の巨人戦で、プロ初の逆転サヨナラ打を放った。1点を追う9回2死満塁から右中間に殊勲の2点二塁打。交流戦3度目の決勝打と勝負強さを発揮した。1番打者なのに、交流戦の打点王&得点王だ。チームは交流戦10勝3敗で単独首位をキープ。交流戦の勝ち越しを早々に決めた。

   ◇   ◇   ◇

神がかっている男・小郷が、また決めた。3時間33分の熱戦に終止符を打ち、豪快にヘルメットを投げ歓喜した。5-6の9回2死満塁。カウント2-2から巨人バルドナードの150キロ直球を右中間にはじき返した。「越えてくれ」。祈るように快足を飛ばし、プロ初の逆転サヨナラ打。二塁に到達すると、チームメートから手荒い祝福を受けた。「初めてサヨナラ打を打ったんで。この展開で勝てたのは本当にでかいと思います」とうなずいた。

試合前のミーティングで、川島打撃コーチが「短期決戦のように戦おう」とゲキを飛ばした。先発ポンセが4回までに3発を浴び、6失点の大乱調。だが、ナインは誰1人諦めていなかった。4点を追う8回に浅村が反撃の2ラン。小郷は「浅村さんのホームランで球場の雰囲気も変わって。あそこから、なんか負けてるんですけど、いけそうな感じがあって」。頭には勝つイメージしか湧かなかった。

5日阪神戦(甲子園)では1-2の9回2死から逆転2ランを放ち、勝利を確信していた虎党を黙らせた。8日中日戦(バンテリンドーム)でもプロ初の満塁弾で、ドラフト1位古謝の初勝利をアシストした。交流戦13試合を終え、決勝打は3度。「活躍して名前を知ってほしいっていう思いでやってます」。いたずらっぽく笑い「おごう」を世に広める野望を口にした。

交流戦の得点圏打率は驚異の5割3分8厘で、打率は3割1分5厘。13打点と11得点は、いずれも12球団トップだ。9番小深田も打率2割9分8厘と好調で、小深田が出て、1番小郷がかえすという流れが、楽天打線の得点パターンになっている。

交流戦首位をきっちり守った。2位ソフトバンクに1差をつけ残り5試合。「一戦も負けるつもりはないんで、しっかり全部勝てるように」。チームを救う大活躍でMVPも見えてきた背番号51は「優勝したら近づくと思うんで、頑張りたい」。乗りに乗っている6年目が、スターへの階段を上り始めた。【山田愛斗】

◆小郷裕哉(おごう・ゆうや)1996年(平8)8月3日生まれ、岡山県出身。関西高(岡山)では3年夏に甲子園出場。立正大を経て18年ドラフト7位で楽天に入団。19年に1軍初出場し、昨季は規定打席には達しなかったが120試合で打率2割6分2厘、10本、49打点。178センチ、85キロ。右投げ左打ち。年俸3100万円(推定)。

▽楽天今江監督(サヨナラ打の小郷に)「なんか打ってくれそうな気はしてましたけども、まさか本当に打つとは思っていなかった。この交流戦で彼は本当にいいところで打ってますし、一皮も二皮もむけたような勝負強さを持ってますし、とにかく驚きました」

○…主砲浅村が復活の5号2ランで、球場の雰囲気を一変させた。2-6の8回無死一塁、1ストライクから巨人西舘の151キロ直球を左翼席にたたき込んだ。5月10日西武戦(ベルーナドーム)以来、25試合ぶりの1発。打撃不振で7試合ぶりにスタメン復帰した一戦で結果を残し「何かしらでしっかり貢献できるように、あとは自分の力を信じて、いつもと同じ気持ちで(試合に)入りました」と振り返った。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.