starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

【日本代表】地元広島での君が代に涙 森保監督W杯での「新しい景色」に向け「さぁ行こーぜー」


日本対シリア 試合前、君が代斉唱する森保一監督(撮影・加藤孝規)

<W杯アジア2次予選:日本5-0シリア>◇6日◇B組◇最終節◇Eピース

日本代表の森保一監督(55)が錦を飾った。地元・広島で行われたシリア戦で5-0と勝利し、2万6650人の観衆から大歓声を浴びた。J1広島監督時代に自身も建設実現に向けて動いたエディオンピースウイング広島に代表監督という立場で戻り、万感の思いから涙した。2年後に迎えるW杯北中米大会での「新しい景色」に向け、気持ちを新たにする1勝となった。

    ◇    ◇    ◇

胸に去来したものは何だったか。試合直前、エディオンピースウイング広島に君が代が流れる。森保監督の目は潤み、あふれんばかりの涙が視界を遮った。

キックオフ前に目を潤ませるのは定番だが、いつもならここまで涙しない。地元で指揮を執ることへの感情の高ぶりだった。

広島のど真ん中に誕生した「まちなかスタジアム」。J1広島の監督時代、建設実現に向けて活動した1人だ。日本代表戦としては、04年7月4日のスロバキア戦以来となる広島開催。日本代表監督として広島に戻り、自身が深く関わった場所に立った。長年描いていた夢が成就した。

6月11日。ちょうど2年後のW杯北中米大会開幕まで2年という節目での一戦だった。前回のカタール大会は決勝トーナメント1回戦でクロアチアにPK戦の末に敗れた。日本サッカーが長年敗れぬ16強の壁。そこから進化を遂げるため、アジア予選を戦いながら新たな戦術を取り入れている。今回の代表活動から「攻撃的3バック」を採用。戦術をチームに深化させるためシリア戦でも前半は板倉を中央に左に町田、右に冨安を並べた。

攻撃力が特長のアタッカーを両サイドに並べられる利点を活用し、攻守に圧倒。後半になるとMF中村に代えてDF伊藤を投入し、4バックへとシステム変更。森保監督の自在な采配が色濃く出た。攻守のポイントはハードワークだ。「アジアでより確実に勝てるように、世界で勝てるように、W杯で優勝できるように。全員攻守というのは絶対に必要だと思っている」。

長崎、広島という被爆都市を“故郷”に持ち、サッカーを通じて世界中に戦争のない平和な世界の創生を願う心優しき指揮官。「さぁ行こーぜー、どこまでも。モリヤス、ニッポン、オーオーオーオー」。サポーターの歌い声に応えるべく、勝利と平和という2つのミッションをコンプリートさせた。【佐藤隆志】

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.