starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

【阪神】岡田監督「やるで、何もないけど。…知らん、俺はわからん」/一問一答


オリックス対阪神 オリックスに完封負け、がっくりと引き揚げる岡田監督(撮影・前岡正明)

<日本生命セ・パ交流戦:オリックス4-0阪神>◇11日◇京セラドーム大阪

阪神が接戦を落とし、オリックスとの「関西ダービー」の初戦に敗れた。連勝は3でストップ。チームの交流戦通算200勝到達はお預けとなった。交流戦での「関西ダービー」は通算32勝34敗3分けとなった。

打線はオリックス先発の曽谷に快投を許した。5回まで15個のアウトのうち、11個が三振だった。結局、6回無失点で降板した曽谷には12個の三振を奪われた。7回に登板した2番手山田には3者連続三振に倒れた。1試合15三振は、4月14日の中日戦以来の今季最多三振となった。

岡田彰布監督(66)の一問一答は以下の通り。

 ◇   ◇   ◇

(自ら)

「やるで、何もないけど」

-あれだけ三振するということは相手がよかった

「……知らん、俺はわからん」

-ボールを振らされているのか

「見送りの方が多いやろ。ボールはそらおまえ、自分で振るんやから。バッターが。見送りっていうてもおまえ、ストライクらしいなあ、見送ってんの。そらあかんわなあ。ボール球を振って、ストライクを見送ったら。あれだけ見逃しておまえ、ストライクなわけやからなあ」

-村上は最後まで

「いやもう、球数少なかったしな。2点じゃなあ、まだワンチャンスやから、そんなもん、分からへんわ。DHやから。そのためのDHやからの。最後代わるか言うたけど、最後までいきます言いよったから」

-援護点が少ない中で

「援護点少ないて、あれへんやん。ゼロやん」

-中継ぎ使わなかっただけ

「そんな問題じゃないよ。おーん。なあ」

-火曜日がしんどい

「そらしんどいよ、そんなの。極端やな、打てるもんと打てんもんと。しゃあないわな、一緒やもんな。こんだけボールをな。立ってたらみんなフォアボールやのにな、この間から」

-渡辺は大丈夫そう

「そら大丈夫やろ、こんだけ打って。あれいてなかったら、何もないわ」

(去り際に)

「(きょうは)何にもないわ、終わりや、終わり」

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.