starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

【ヤクルト】奥川恭伸1軍合流「どういう内容でも、最後まで諦めずに腕を振りたい」/一問一答1


1軍に合流した奥川(撮影・林敢治)

春季キャンプ終盤に負った腰痛で開幕から2軍暮らしが続いたヤクルト奥川恭伸投手(23)が10日、みずほペイペイドームで行われた1軍の投手練習に参加した。順調に調整が進めば、敵地オリックス3連戦(14~16日)のカード頭となる、14日での先発が有力となる。

奥川はここまで2軍で6試合に登板(4試合が先発)。防御率は3・51。前回6日オイシックス戦(戸田)は3回2/3を3安打2失点。疲労を考慮され、50球目安の中、48球で降板。初回に最速151キロをマークするなど、コンディションに問題はない。

「6・14」ならば、22年3月29日の巨人戦(神宮)以来、808日ぶりの1軍の舞台となる。

以下は、主な一問一答

-今季初の1軍合流。気持ちは

「ちょっと気分上がってますね」

-やっぱり、大変だった時期も長かったんで、ようやく自分の力を発揮できる時が来たなっていうか、そういう感覚だったりは

「そうですね。緊張してますけど」

-1軍のメンバーとかコーチからいろいろ話してみてこみ上げてくるものみたいなのは

「久々の1軍だったりとか、このきれいな球場だったりとか、いろんな要素があったですけども、ほんとにすごい気分が上がってるっていう。まだその1軍のメンバーと会ってないので、この後に早く…。ちょっといなかった期間長かったので、いつも通りできるようにしたいなと思います」

-6月の前半っていうタイミングでの1軍復帰っていうのは、キャンプで離脱とした時から考えると、ある程度自分の中でイメージした範囲内か

「正直、離脱してすぐってのはイメージできなかったので、あんまり考えることは少なかったんですけど、でもいい時期に上がってこれたんじゃないかなと思ってます」

-2年という年月を考えると、何か思うことってありますか

「まだそんな実感はないですけど。でも、何かこんなふうに動いてたなとか、そういうのを思い出しながら、懐かしいなっていう風に思いましたね」

-これまで苦しい時に支えてくれてた人たちも、やっぱり1軍登板を見て良かったなって思ってくれる人も多いと思うんですけども。そういうところの思いを背負ってってところは

「はい。すごく。うん。いろいろ助けてもらいましたし、支えてもらってたので、いつかは絶対に恩返しがしたいなって思ってて。そのチャンスを今回もらえたので、どういう内容であっても、どういう内容にはなるかわかんないですけど、最後まで諦めずに思いっきり腕を振りたいなと思います。それが恩返しかなっていう風に思いますね」

-2軍から送り出してもらう時に、かつてのリハビリメンバーだったり、首脳陣だったりとか、何か声かけとかっていうのはあったりしますか?

「特にはないですね」

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.