starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

【大学選手権】中央学院大が初戦敗退 清水一真が2回以降無失点も初回の1点に泣く「悔しい」


中央学院大対大商大 好投する中央学院大・清水(撮影・柴田隆二)

<全日本大学野球選手権:大商大1-0中央学院大>◇10日◇1回戦◇東京ドーム

8年ぶりに大学選手権出場の中央学院大(千葉県大学野球連盟)が初戦で姿を消した。

先発の清水一真投手(4年=共栄学園)が初回の1点に泣いた。2死一、二塁、今秋のドラフト候補に挙がる4番の渡部聖弥外野手(4年=広陵)を迎え、「プロ注目と言われていたので、打たれたくなかった。絶対に抑えてやろうと思いました」と得意のスライダーで三振に仕留めた。ただ、続く真鍋慧内野手(1年=広陵)に少し浮いたスプリットを捉えられ、1失点。「2アウトからの入りはできていたと思うんですが、ウイニングショットがちょっと浮いてしまって。そこをうまく拾われました」。

1年時には明治神宮大会で準決勝の国学院大戦で先発。決勝の慶大戦でも中継ぎ登板するなど大舞台を踏んできた。そんな経験が、清水の背中を押した。2回からは、エースとしてマウンドに立つ気持ちを新たにした。「1点取られてから割り切って投げるしかない、と思ったので、テンポよく攻撃につなげられるような投球をしようとこころがけました」。2回以降は立て直し、カットボール、スライダーを軸に無失点。8回7安打1失点に抑えた。「チームを代表して投げさせてもらっている。堂々とした投球で勇気を与えられる投球をしたかった」。敗戦にも、その存在感を示した。

卒業後は、社会人での野球を視野に入れる。「失点はしたんですが2回以降は0に抑えられたので、自信にはなったと思います。まずはリーグ戦連覇を目標にしていきたいです」と前を向いた。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.