starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

【大学選手権】桐蔭横浜大が初戦敗退 福井工大に逆転負け「まっすぐに差されていた」斎藤監督


福井工大対桐蔭横浜大 6回裏桐蔭横浜大2死一、二塁、適時打を放つ加田(撮影・野上伸悟)

<全日本大学野球選手権:福井工大3-2桐蔭横浜大>◇10日◇1回戦◇神宮

桐蔭横浜大(神奈川)は、福井工大(北陸)に逆転負けを喫した。

初回に先制も、先発した右腕の高田恭平投手(4年=壱岐)が4回に決勝の逆転2ランを浴びた。6回には守備の乱れから1点を献上。すぐさま6回裏の攻撃で、4番加田拓哉外野手(4年=帝京)の左前適時打で1点差まで詰め寄ったが、反撃は及ばなかった。

敗戦投手となった高田は6回3失点(自責2)とゲームメーク。「全国大会なので、3点くらいは取られるんじゃないかな」と及第点の投球を見せたが「、普通に打たれてしまいました。実力不足です」と、惜敗にくやしさをにじませた。

斎藤博久監督(58)は「高田はよく頑張ったと思います」とたたえた。打撃陣に対しては「甘いボールをミスショットして真っすぐに差されていた。(球速以上に)感じていたと思います」と語り、緩急をうまく使った相手左腕を捉えきれなかった要因を振り返った。

桐蔭横浜大はリーグ4連覇と圧倒的な強さを誇っているが、2年連続の初戦敗退となった。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.