starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

【阪神】1番中野拓夢「自分が決めなきゃいけない」覚悟の決勝2点三塁打、2日続けてお立ち台


阪神対西武 決勝打を放った阪神中野(右)と勝利投手の才木はそろって敬礼ポーズ(撮影・西尾就之)

<日本生命セ・パ交流戦:阪神3-0西武>◇9日◇甲子園

打球が中堅手の頭上を越えると、超満員の甲子園が虎党の大歓声に包まれた。阪神中野拓夢内野手(27)が決勝の2点適時三塁打を放ち、7回まで無安打投球を続けていた先発才木を援護した。

0-0の7回。1死二、三塁から才木が空振り三振を喫し、なお2死二、三塁。「才木がなんとか打ってくれないかなという気持ちは正直あったんですけど、追い込まれてもうこれは自分が決めなきゃいけないと思った」。覚悟を持ち、短く持ったバットから西武先発、渡辺の4球目を振り抜いた。中越えの2点適時三塁打を決め、塁上でガッツポーズ。待望の先制点をたたき出した。

「才木がいつもいいピッチングしてくれているので、なんとかしてあげようという気持ちが出た結果かなと思います」

昨季ゴールデングラブ賞を獲得した名手は緊張も味方に付けた。8回1死まで無安打投球が続き、甲子園に緊迫した空気が流れていた。それでも「ストライク先行で守りやすかった。ちょっと緊張感がありながら、でもああいう緊張感の中で守れたことはよかったと思います」と集中力を切らさなかった。

6戦連続の1番で役割を果たした。3回にも2死から左前打を放ち、2試合連続のマルチ安打&打点を記録。「1番でチームに勢いを与えるのも自分の仕事だと思いますし、チームが苦しい時に自分が助けられるような存在になれれば」。チームも2試合連続2ケタ安打と波に乗ってきた。週末が多いデーゲームの勝率は12球団トップの7割1分4厘。2日続けてのお立ち台に上がったヒーローが子どもたちに笑顔を届けた。

岡田監督も「上位にチャンスに回ってくるような、打線の流れが良くなったと思いますね。調子のいい選手のところにうまくチャンスが回ってきている感じがしますね」と評価。中野も「もっともっと後ろのバッターにつなぐ意識をチーム全員が持ちながらやっていければ」と力を込めた。1番として選手会長として打線をけん引する。【村松万里子】

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.