starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

【中日】猛打賞の板山祐太朗 「スタメン言われたときは吐き気が」背水オーダーで連敗ストップ


中日対楽天 ヒーローの板山(左)とカリステはグータッチ(撮影・前岡正明)

<日本生命セ・パ交流戦:中日3-1楽天>◇9日◇バンテリンドーム

中日が背水オーダーで連敗を止めた。4回、1番起用のオルランド・カリステ内野手(32)の適時二塁打で逆転に成功。6番二塁の板山祐太朗外野手(30)の二塁打が逆転劇の起点となった。立浪和義監督(54)は「みんなつないでいい形で試合を運べた。(カリステは)いいところで打ってくれた」と振り返った。

この試合まで交流戦11試合で16得点。課題の打線は深刻度が増し、借金は今季最多タイの5に膨らんでいた。先発松葉の出場選手登録に伴い、抹消したのはビシエドだった。6日ソフトバンク戦(バンテリンドーム)で今季1号の決勝弾を放ったが、ここ2試合は結果が出ていなかった。

一塁スタメンで決勝打を放ったカリステは「自分はユーティリティープレーヤー。いつも準備している」と胸を張った。阪神時代以来の猛打賞で勝利を呼び込んだ板山は「スタメンを言われたときは吐き気がしましたが、家族も観に来ていたので、いいところを見せることができて良かった」とほほ笑んだ。

日曜日にはなぜか強い。5月5日以降、雨天中止を挟んで5連勝。10日の移動日は北海道に乗り込むが、エスコンフィールドで全体練習を予定している。「なんとか勝ち越して終われるように」。指揮官の視線は日本ハム、ロッテとアウェーが続く交流戦ラストウイークに向けられた。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.