starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

【DeNA】ドラ5石田裕太郎、初登板初先発でプロ初勝利 5回5安打1失点の好投


DeNA対ソフトバンク 力投するDeNA先発の石田裕(撮影・垰建太)

<日本生命セ・パ交流戦:DeNA-ソフトバンク>◇9日◇横浜

DeNA石田裕太郎投手(22)が、5回5安打1失点の好投。初登板初先発でプロ初勝利を挙げた。

1回に2死満塁のピンチを背負ったが、絶好調のソフトバンク柳町を一ゴロでピンチを脱出。その裏に中大の先輩でもある牧の7号満塁本塁打で援護を受けた。

2回は、2死二塁から左中間への飛球を左翼の筒香がダイビングキャッチ。3回にも牧の好守など、バックのファインプレーにもり立てられた。

地元の横浜市磯子区出身。「お父さんからベイスターズファンじゃなきゃ、野球をやらせないぞ」と言われ、ベイスターズファンになるとともに、小学3年から野球を始めた。

ハマスタでのプレーは、小6の選抜大会以来だった。雪が降る中の一戦で三塁を守り「あまりいい思い出ないです。エラーを2個くらいして、負けたんで」と苦笑したが、デビューマウンドで苦い思い出を払拭した。

大好きなDeNAのユニホームに袖を通し、上がったプロ初登板のマウンド。ドラフト会議の翌日に電話で「一緒に頑張ろうな」と激励された3学年先輩の牧、NPB通算1000安打を5号3ランで決めた筒香に攻守で支えられた。

中大の同期で、巨人ドラフト1位の西舘は開幕1軍入りし、初勝利もマークした。「一番刺激になっています」と同期の活躍も力に変え、プロ初勝利を飾った。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.