starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

【ルヴァン杯】町田が準々決勝進出 ナ・サンホ&昌子源弾でC大阪に引き分け2戦合計5-3


町田対C大阪 前半、ゴールを決め喜ぶ町田昌子(左)(撮影・宮地輝)

<YBCルヴァン杯:町田2-2C大阪>◇プレーオフラウンド◇第2戦◇9日◇Gスタ

町田ゼルビアがセレッソ大阪に2-2で引き分け、2戦合計5-3で準々決勝進出を決めた。

3-1で勝利した第1戦から先発を3人変更。DF昌子源(31)、MF仙頭啓矢(29)、MF林幸多郎(23)が名を連ねた。

A代表のGK谷晃生、U-23代表FW藤尾翔太、平河悠、韓国代表FWオ・セフンを欠いたが、オーストラリア代表を離脱したFWミッチェル・デュークがベンチ入りした。

前半、コーナーキック(CK)2発で試合を動かす。まずは5分、1本目のCKをMF下田北斗(32)が左足で丁寧なパスを転がす。ペナリティエリア外から走り込んだFWナ・サンホ(27)が右足でニアサイドを打ち抜いた。得意のデザインされたセットプレーで先制した。

同21分に追加点。再び右サイドのCKから下田がクロス。DF望月ヘンリー海輝(22)が頭で流したところを、昌子が体で押し込んだ。守備の要の移籍後初ゴールでリードを広げた。

しかし同26分にオウンゴール、同36分にMF上門にゴールを許し、同点に追いつかれた。

後半は2点を追いかける相手の猛攻を受けるが、GK福井光輝(28)の好セーブでしのぐ。途中から4バックを5バックに切り替え、守備を固めて逃げ切った。

ルヴァン杯優勝経験チームを相手に力を見せつけ、初参加でいきなりベスト8を決めた。首位を走るリーグ戦に続く“町田旋風”をカップ戦でも起こしている。

準々決勝はプレーオフラウンドを勝ち上がった5チームに加え、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場した3チーム(川崎F、横浜、甲府)の8チームで戦う。

ホーム&アウェイ方式のトーナメント戦を行い、第1戦は9月4日、第2戦は8日。組み合わせはプレーオフラウンド終了後に抽選で決定する。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.