starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

【広島】新井監督「もう2度ないと思います」逆転許した7回に傷口広げる小園のミスに/一問一答


広島対オリックス 敗れた新井監督(撮影・加藤孝規)

<広島2-8オリックス>◇30日◇マツダスタジアム

広島は安定していた中継ぎ陣と堅守を誇っていた守備にほころびが生じて、逆転負けを喫した。先発九里は6回まで3四球を与えるなど球数108球を要しながらも、無失点に粘った。打っては野選を誘うバントに犠飛と自身初の1試合2打点を記録した。2点リードの7回、3投手が打者11人に4安打4四球に失策が絡んで大量5点失点。1点7回1死満塁からこの回2人目の塹江が右前適時打で逆転を許すと、中継に入った一塁坂倉の三塁転送を小園がスルー。傷口を広げた。連勝は5で止まったものの、首位の座はキープした。試合後の新井貴浩監督(47)の談話は以下の通り。

   ◇   ◇   ◇

-これまで頑張ってきた中継ぎ陣、守備にほころびが出た

新井監督 ブルペンはいつも頑張ってくれているので、こういう日もあると思う。また明日から頑張ってもらいたい。

-守備のミスで傷口を広げた

新井監督 ここで私が言わなくても本人が反省していると思う。もう2度とやらないと思います。

-先発の九里投手は粘った

新井監督 粘ったね。粘って、ゼロで抑えているわけだから。しっかり試合をつくってくれたと思います。

-打席でも粘った

新井監督 彼はマウンドだけでなく、打席でも気持ちが出る選手。食らいついて行ったと思う。また宇草がバッティングだけじゃなく、走塁でもすごくいいものを見せてくれている。そこは収穫だと思います。ワンバウンドにしても。(2回)一、三塁のところも、(一塁走者を送る)バントのサインなんだけど判断良くスタートを切って、素晴らしい走塁だったと思う。

-ああいう走塁はキャンプからやってきたことか

新井監督 宇草に限らず、走塁に関しては各自が意識高くやってくれていると思います。

-小園選手は打撃では思い切りの良さを継続も、三塁守備では消極的な姿勢が目立つ

新井監督 そうだね。ずっとショートをやっていたから、サードに慣れるのに時間がかかると思う。ショートとサードは別物だと思っている。エラーは使っている監督の責任なので、そこは全然気にしなくていいと思います。また練習して慣れていってもらいたいと。ただ、やらないといけないことは、それとはまた別だから。インプレー中にボールから目を切っちゃいけないということは。それは本人も反省していると思うので、もう2度ないと思います。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.