starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

違法賭博調査中の元エンゼルス・フレッチャーが二刀流で好投 5回2失点、ナックルボーラーに


23年9月 エンゼルス対タイガース 7回裏エンゼルス2死、左越えにソロ本塁打を放ち、かぶとをかぶりポーズをとるフレッチャー

元エンゼルスで今季ブレーブスとマイナー契約を結んでいるデービッド・フレッチャー内野手(29)が29日(日本時間30日)、傘下3Aグウィネットの試合でナックルボーラーの先発投手として登板し、5回を2失点と好投した。これにより投手としての評価が急上昇している。

この日は敵地でのオリオールズ傘下3Aノーフォークとの試合に先発し、見事なコントロールのナックルボールで5回までに6奪三振。5回を3安打2失点、1四球で、投げた72球中60球はナックルボール。残りは最速82マイル(約132キロ)の直球だった。

フレッチャーは2018年にデビューしたドジャース大谷翔平投手(29)とエンゼルスの同期。昨年3月のWBCではイタリア代表として日本でもプレーした。大谷の銀行預金から不正送金し銀行詐欺などで訴追されている水原一平被告(39)と同じ違法スポーツ賭博の胴元から賭けをしていた疑いで、MLBから調査を受けているとの報道があったばかりだった。

投手としては、今月8日の試合でリリーフ起用されてデビュー。この日が5試合目の登板で、初めて先発として起用された。前日までは野手としても出場しており、投打の二刀流でプレーを継続。投手としてはここまで5試合で0勝1敗、防御率6・55。打者としては38試合で打率2割4分8厘、0本塁打、18打点、5盗塁としている。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.