starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

石巻工6点リード守れず「勝つと思っている時点で野球なめすぎ」利根川監督ゲキ飛ばすも逆転負け


柴田対石巻工 4回裏に逆転を許し、選手らにげきをとばす石巻工・利根川監督(左)(撮影・木村有優)

<高校野球春季宮城大会:柴田14-7石巻工>◇16日◇1回戦◇石巻市民球場ほか

春季宮城大会が開幕し、全28チームが同東北大会出場3枠を懸けて熱戦を繰り広げる。柴田は最大6点差をひっくり返し、石巻工に14-7で8回コールド勝ちを収めた。3回表までに0-6と大量リードを許したが、3回途中から2番手で登板した阿部快投手(2年)が4回2/3を1失点の好救援。打っても2長打の活躍で勢いを呼び込み、チームを大逆転勝利へと導いた。

   ◇   ◇   ◇

石巻工は最大6点のリードを奪ったが、逆転負けを喫した。6-8とされた直後の5回には、利根川直弥監督が選手たちにゲキを飛ばした。

「6-0で勝つと思っている時点で野球なめすぎだ」。序盤に大量リードを奪ったことから守りに入り、気の緩みが見えた。3年生3人と下級生主体のチームで「夏に向けてチームを強化して、少ない3年生が満足いく夏にしたい」と、指揮官は切り替えた。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.