starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

【阪神】不振大山に代わって6年ぶり4番抜てき原口文仁、今季初打点を挙げ先制 5番糸原も続く


中日対阪神 1回表阪神1死二、三塁、三ゴロを放つ原口(撮影・森本幸一)

<中日-阪神>◇16日◇バンテリンドーム

6年ぶりに4番に抜てきされた阪神原口文仁内野手(32)の打棒から、先制点が生み出された。

1死二、三塁のチャンスで迎えた第1打席、フルカウントからの7球目だ。中日梅津の外角スライダーを引っ張り、痛烈な打球で三塁手石川昂のグラブをかすめ、遊撃手の村松が捕球して送球するも全力疾走でセーフ。結果はエラーとなったが、今季初打点でいきなり仕事を果たした。

なおも1死一、三塁からは糸原健斗内野手(31)が外角フォークに食らいついて左前適時打を放ち、2点目を奪った。糸原は「先制した直後でしたが、自分も後ろへつなぐ意識をもって打席に立ちました。会心の当たりではなかったですが、タイムリーになってくれてよかったです」とコメントした。

この日は打撃不振の阪神大山悠輔内野手(29)が、昨季からの第2次岡田政権192試合目(CS、日本シリーズも含む)で初のベンチスタート。岡田彰布監督(66)による大幅の打線のテコ入れが、見事にはまった。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.