starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

プレミアでVAR廃止!? 運用継続か中止か6月総会で投票…70%以上のクラブ反対なら除外へ


※写真はイメージ

イングランドでビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)論争が起きた。プレミアリーグのウルバーハンプトンがこのほど、プレミア事務局へ、VAR廃止のための公式提案書を提出したことが16日(日本時間)に判明した。

同クラブは16日に声明文を出し「我々は24-25年シーズンからVARを試合から取り除くため、6月のリーグ総会で投票を実施する決議案をリーグ事務局に、正式に提出した。19-20年シーズンから導入したVARは、サッカーとファンの関係を悪化させていると判断。プレミアのブランド価値を落とし、数多くの否定的な結果を招いている」と発表した。

より正確な判断のために用いられたVARは16年のクラブW杯で導入された。18年ロシア大会からはW杯でも使われている。セリエAは17-18年シーズン、ブンデスリーガとスペインリーグは翌18-19年シーズンから導入した。プレミアは欧州リーグでは最も遅い19-20年シーズンから運用している。

しかし、いまだ審判判定に問題が起き、判定に時間がかかりすぎるなどの副作用もあり、さらに費用面の負担も大きい。

ウルバーハンプトンは「もっと建設的な議論が必要だ」としている。一方リーグ事務局は「来月、各クラブとVARに関して論議する予定だが、リーグとしてはVARシステムを支持している。PGMOL(プロ競技審判機構)とともに、ファンの利益のための協議を続け、システム改善に最善を尽くす」としている。

6月6日の総会で、プレミアリーグ所属の20クラブ中、70%に当たる14クラブが廃止に賛成した場合、来季からプレミアリーグでVAR判定がなくなるが、はたして。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.