starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

菊池雄星、5回途中1失点9奪三振にシュナイダー監督も高評価「また対戦することになるから」


オリオールズ戦に先発したブルージェイズの菊池雄星(AP)

<オリオールズ3-2ブルージェイズ>◇15日(日本時間16日)◇オリオールパーク

ブルージェイズ菊池雄星投手(32)が敵地でのオリオールズ戦に先発し、4回1/3を投げて6安打1失点、今季自己最多タイの9三振を記録。球数88球でストライク55球。勝敗は付かず、今季9試合で2勝3敗、防御率2・60となった。

初回、いきなり先頭ウェストバーグに外角フォーシームを右翼スタンドに運ばれ失点。2回以降も毎回走者を出したが、要所を締めて追加点は与えなかった。3回に味方が2点を奪って逆転。4回は1死二、三塁のピンチを連続三振で切り抜け、5回は1死から2番ラッチマンに右前打を打たれたところで降板した。2番手ポップが後続を抑え、リードを守った。

その後もブルペン陣が踏ん張りメジャー最多本塁打を誇る強力打線を封じたが、守護神ロマノが9回に2番ラッチマンに逆転2ランを浴びてサヨナラ負け。シュナイダー監督は「タフな試合だった。だが、ピッチングや守備で良かった点がいくつもあった」と振り返り、菊池の投球には「ユウセイの投球はとても良かった。球数の関係でいずれにしてもあの回(5回)が最後になる予定だったが、マウントキャッスルとまた対戦することになるから(交代した)」と高評価した。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.