starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

【阪神】近本光司が延長11回V打「絶対打たなあかんな」打率、打点、本塁打などチーム6冠に


中日対阪神 11回表阪神1死三塁、近本は右前先制適時打を放つ。投手斉藤(撮影・前岡正明)

<中日0-1阪神>◇15日◇バンテリンドーム

背番号5が決めた。0-0で進んだ延長11回、阪神近本光司外野手(29)が均衡を破る決勝タイムリー。前日敗戦につながる痛恨失策を犯した佐藤輝明内野手(25)が2軍落ちし、無得点が続いた重苦しい展開を一振りで切り裂いた。近本は打率、打点、本塁打、勝利打点、安打数、盗塁数でチームトップの6冠に浮上。チームは今季延長戦で8戦1敗の粘り強さを発揮し、首位巨人を追う0・5差は変わらず食らいついた。

   ◇   ◇   ◇

右手でベンチへ合図し、軽くを息を吐いた。一塁ベース上で近本は、少しだけ緊張から解き放たれた。先頭の森下が二塁打。2番中野がしぶとく二ゴロでつなぎ回ってきた打席をものにし、虎の子の1点をつかんだ。

「先頭で森下が打ってくれたので、絶対にチャンスで回ってくると思っていたので。『あっ、これ絶対打たなあかんな』と思いながら、初球にすごい空振りしました」

仲間の懸命なつなぎを思えば力んだ。延長11回表1死三塁。変則左腕斎藤の初球、外角のボール球、118キロスライダーにバットが空を切った。ただ「空振りするのはスライダーだけ。それをケアしながら」と冷静にもなれた。カウント2-2になると開き直った。

「自分のスイングをしてミスショットするより、追い込まれてしっかり対応した方がいいなと、追い込まれてから思いました」

自らにかかった“制限”を生かした。最後は低めボール気味のシュートに食らいつき決勝の右前適時打。「楽しく打席には入ってました」と笑った。3試合連続で3番スタメン。2試合連続マルチ安打、3番としては今季初打点だ。

2月の沖縄キャンプ。そこは近本にとって研究発表の場でもある。「自主トレで何をやってきたか、みんな披露する機会だから」。ただ、今年は違った。自らの打撃に没頭していた。「自分のことで精いっぱいやったな、今年は」。個別練習の際は打撃フォームを撮影。修正の毎日だった。ブレない土台をつくったからこそ、今がある。打率、本塁打、打点、安打、盗塁、そして勝利打点5を含め、チーム6冠でけん引する。

1番森下が出て、2番中野がつなぎ、3番近本がかえす。新打線で勝利した岡田監督は「こういうゲーム展開はちゃんとした方が点入るよ」とたたえた。佐藤輝が出場選手登録を抹消された日に、その“ショック”を振り払うように接戦を制した。首位巨人には0・5差。「自分のやることは1番であろうが3番であろうが変わらない。チャンスで回ってきたらかえすということだけは、何番であっても変わらない」。背番号5が、どんな時も打線の核となる。【中野椋】

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.