starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

【神戸】ホームで福岡を下し首位堅持 宮代大聖が貴重なゴールをもぎ取りチーム最多今季7点目


神戸対福岡 後半、先制ゴールを決める神戸宮代(撮影・前田充)

前節に今季初めて首位に立ったヴィッセル神戸が、ホームで福岡を下し、リーグトップの位置を堅持した。

神戸は前半から3バックとMF松岡を軸とした福岡の堅い守備に手を焼く展開。良い形を作りながらも崩しきれない時間が続いた。それでも粘り強く戦い続けると、後半27分にその牙城を破る。ボールを引き出してゲームメークに関わる時間を増やしていたエースFW大迫が中盤で受けて1人をかわすと、左足で福岡DFの裏に浮き球のラストパス。巧みに抜け出したFW宮代が、後方からのボールにダイレクトで合わせてネットを揺らした。得点源となっている宮代はチーム最多となる今季7点目。「堅いチームだが、自分たちはそこをこじ開ける」。そう話していた吉田監督の言葉通り、神戸はしぶとく貴重なゴールをもぎ取った。

リードしてからは福岡にカウンターを受ける場面もあったが、神戸は労を惜しまないハードワークで最後まで自由を与えず、貫禄のウノゼロ勝利。昨季王者らしい力強さを見せ、22年10月以来となる4連勝。01年から負けていない福岡との対戦記録を13戦無敗とした。【永田淳】

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.