starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

【東京V】5・15「Jリーグの日」G大阪とのオリジナル10対決0-0ドロー 11試合連続不敗


東京V対G大阪 前半、激しく競り合う東京V山田楓(右)とG大阪宇佐美(撮影・河野匠)

<明治安田J1:東京V0-0G大阪>◇15日◇味スタ

5・15「Jリーグの日」に東京ヴェルディが“オリジナル10”対決となったホームのガンバ大阪戦に0-0で引き分けた。それでも連続不敗記録は11に伸びた。

31年前の1993年5月15日に開幕したJリーグにあって、1年目から在籍する伝統クラブ同士。東京Vは前節、アウェーの鹿島アントラーズ戦で後半5分までに3失点。一方的な展開となったが、途中出場した選手が躍動。MF齋藤功佑のゴールを皮切りに木村勇大、そしてアディショナルタイムにMF見木友哉が得点し、3-3のドロー。劇的な展開で連続不敗試合を10に伸ばしていた。

前半は手堅い攻防に終始した。東京Vは染野唯月と木村の2トップへの縦パスから攻撃の糸口を探るが、ここまで13試合でわずか10失点(神戸、町田と並び1位)のG大阪の堅守は崩せない。対するG大阪も宇佐美貴史、坂本一彩の2トップにいい形でボールが入らず、ほほノーチャンスだった。

東京Vは後半開始から松橋優安に代えてMF齋藤功佑を投入。前節の鹿島戦で大活躍したキーマンの起用で1点を奪いにかかった。さらにMF見木友哉とチアゴ・アウベスを送り、攻撃の活性化を図ったが、膠着(こうちゃく)状態を打開できない。

後半35分にはMF森田晃樹のクロスボールから染野がヘディングシュートを狙ったが、ゴール右へ外れる。同38分の森田のミドルシュートもGK一森純がセーブ。同41分にはゴール前でこぼれたボールからピンチを招いたが、シュートをDF林尚樹がブロックし、事なきを得た。

アディショナルタイム4分も決定機はなく、スコアアレスドローに終わった。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.