starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

【データ】通算200本塁打の村上宗隆、出場730試合目は歴代10位 日本人選手では4位


ヤクルト対広島 8回裏ヤクルト2死、村上は右越えソロ本塁打を放ち雄たけびを揚げる(撮影・上山淳一)

<ヤクルト2-0広島>◇15日◇松山

ヤクルト村上宗隆内野手(24)が、通算200本塁打を達成した。5月4日中日戦(神宮)以来の9号。1-0の8回裏2死、広島矢崎から右中間にソロを放った。24歳3カ月での大台到達となり、92年清原和博氏(西武)の24歳10カ月を抜き、プロ野球史上最年少記録。キャリア7年目で、レジェンド超えを果たした。

   ◇   ◇   ◇

▼村上が広島6回戦(松山)の8回、矢崎から今季9号を放ってプロ野球115人目の通算200本塁打を達成した。初本塁打は18年9月16日広島22回戦(神宮)で岡田から。24歳3カ月で達成は92年清原(西武)の24歳10カ月を抜く最年少記録。50号は清原に及ばなかったものの、100、150、200号は清原を抜いて最年少で達成。次の250号からは王(巨人)の年齢が目標となる。

▼出場730試合目は歴代10位、日本人選手では4位のスピード。プロ7年目で到達は清原、王、松井(巨人)ら7人と並び日本人選手では最速になる。50~100号は156試合、100~150号は146試合で記録したが、150号からの50本は205試合かかった。ここから再びペースを上げ、250号は87年落合(中日)がマークした878試合の日本人選手最速記録を狙いたい。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.