starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

明大が立大に連勝で勝ち点2 足つるアクシデントも毛利海大「投げきります」志願の初勝利


立大対明大 初勝利を飾った明大・毛利(撮影・たえ見朱実)

<東京6大学野球:明大7-1立大>◇第5週第3日◇14日◇神宮

明大が立大に連勝して勝ち点を2に伸ばした。

初先発の毛利海大投手(3年=福岡大大濠)が5回3安打1失点で初勝利を挙げた。カーブ、ツーシームなど5球種で立大打線を1点に抑えていたが、5回2死に左足をつるアクシデントに見舞われた。治療中、心配そうに駆け寄ってきた田中武宏監督(63)へ「投げきります、行かせてください」と志願し続投。直後に左二塁打を許すも、代打の次打者を低めの変化球で空振り三振に抑えた。

福岡大大濠ではエースとして3年春のセンバツで8強入り。大学3年でようやくつかんだウイニングボールを大切そうに眺めながら「うれしいです」と笑顔。終始口角が上がっていた。

リーグ戦通算100安打まで残り2本の宗山塁内野手(4年=広陵)が上半身のコンディション不良で試合前練習も含めて3試合連続で欠場となったが、打線は4番横山陽樹外野手(4年=作新学院)が5回にリードを広げる左越え2ラン。横山は「打った瞬間行ったと思いました」と、会心の一振りを振り返った。

今春から「4番右翼」のレギュラーを獲得。横山は「チャンスで1本打つのが4番なので、与えられた役割を全うしてチームを勝たせられるように」と、さらなる活躍を誓った。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.