starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

大谷翔平“休養”明け全快アピール「もはや驚くことではない」ロバーツ監督 2安打1打点


ジャイアンツ対ドジャース 5回表ドジャース2死三塁、二塁適時内野安打を放ち笑顔を見せる大谷翔平(撮影・藤尾明華)

<ジャイアンツ4-6ドジャース>◇13日(日本時間14日)◇オラクルパーク

【サンフランシスコ(米カリフォルニア州)13日(日本時間14日)=久保賢吾】ドジャース大谷翔平投手(29)が、ジャイアンツ戦で腰の張りから2試合ぶりに「2番DH」で復帰し、2安打1打点で勝利に貢献した。昨オフのFA争奪戦で候補の1つだった敵地オラクルパークのファンからブーイングを浴びる中、第1打席の初球をフルスイング。打球速度106マイル(約170・5キロ)の強烈な右前打で全快をアピールした。チームは延長10回タイブレークの末に競り勝った。

   ◇   ◇   ◇

大谷は、敵地ジャイアンツファンからの大ブーイングをファーストスイングで黙らせた。1点リードの1回無死、剛腕ヒックスの初球95マイル(約153キロ)のツーシームを強振。打球速度106マイルの痛烈な打球の右前打を放ち、Hランプを点灯させた。腰の張りから2試合ぶりの復帰。注目された第1打席の初球で不安を払拭し、オラクルパークでの初安打をマークした。

足でも全快をアピールした。2点を追いかける5回2死三塁、ツーシームを引っかけ、二塁へのボテボテのゴロで全力疾走。俊足で適時内野安打をもぎ取って、試合の流れを引き寄せた。一塁走者だった3回2死一塁では、けん制に誘い出されたが、慌てた一塁手が悪送球。今季10度目の盗塁企図で初の盗塁死が記録されたが、外野にボールが転がる間に一気に三塁まで進み、守備陣に重圧をかけた。

長いシーズンを見据えて決断した“休養”を、結果へと変えた。11日(日本時間12日)のパドレス戦、腰の張りで9回に代打を送られ、12日(同13日)の同戦はロバーツ監督とも相談した上で、ベンチスタートが決定。大谷は「早い段階で長引かないように先手、先手が大事かなと思います」と話したが、貴重な“休養日”を治療や心身のリフレッシュに充て、プラン通りに2試合ぶりにスタメンに戻った。

ドジャースとジャイアンツ。互いにニューヨークが本拠地だった当時からの宿敵で、長い歴史を持っている。昨オフ、大谷のFA争奪戦の候補にも挙がったチームで、全打席ブーイングを浴びた大谷だったが、2安打1打点で打線をけん引した。ロバーツ監督は「もはや驚くことではない。彼は誰よりも遠くへ飛ばすし、誰よりも速い。彼は多くの方法で戦うことができる」と称賛。ライバルチームのファンの前で魅力を存分に発揮した。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.