starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

Kリーグ仁川がペットボトルで選手局部直撃のサポーターに自主申告要求 サポーター席2試合封鎖


※写真はイメージ

Kリーグ仁川(インチョン)が、試合後にピッチ上へペットボトルを投げ込んだサポーターへ、自主申告を実施した。

11日に仁川サッカー専用球場で行われた仁川-ソウルのKリーグ第12節終了後、1-2で負けた直後に仁川サポーターが、ピッチに向けて水などが入ったペットボトルを投げ込んだ。

終了ホイッスルの直後、ソウルGKベク・ジョンボムが、ゴール裏の仁川サポーターに向けて拳を振るしぐさで勝利を喜ぶと、仁川サポーターがそれに怒り、液体が入ったペットボトルを投げ込んだ。両チーム選手がゴール前に集まり、止めようとしたが、暴走は止まらなかった。

投げ込まれたペットボトルが、ソウル主将で元韓国代表MFキ・ソンヨンの局部に当たり、数分間ピッチ上に倒れ込む場面もあった。韓国プロサッカー選手協会は13日「グラウンドで選手に対する暴力を働くことは許しがたい」と声明文を発表した。

仁川は2試合のサポーター席を封鎖することを決め、投げ込んだファンの自主報告を求めた。自主的に申し出たサポーターへは、処分の水準を下げ、その後の映像調査などで、判明されたサポーターへは厳しい処分を出すという。ピッチ上に散乱したペットボトルの数で、80人以上が投げ込んだと判断している。

Kリーグは今週中には賞罰委員会を開き、仁川のスタジアム管理責任を問う予定。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.