starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

今永昇太6勝目はお預け 監督退場劇にも動じず7安打3四球も我慢の投球で8奪三振無失点


ブレーブス戦に先発したカブス今永昇太(AP)

<ブレーブス-カブス>◇13日(日本時間14日)◇トゥルーイストパーク

カブス今永昇太(30)が、制球に苦しみながら5回を無失点に抑えるも、援護に恵まれず6勝目はまたしても持ち越しとなった。

立ち上がりからボールがばらついた。1回、先頭のアクーニャに対して、ストライクゾーンから大きく外れるボールが続き四球を与えた。アクーニャをけん制で仕留めるも、3番オズナに粘られ再び歩かせる。その後2死一、二塁となり、5番デュバルから内角低めに落ちるスプリットで空振り三振を奪い、立ち上がりのピンチをしのいだ。

2回は3者凡退で封じ、3回は2者連続三振で2死とした後、2番アルビーズ、オズナに連打を浴び2死一、三塁となるも、4番オルソンを外角低め一杯の93・2マイル(約150キロ)の直球で見逃し三振にとった。

4回は2本の安打で2死一、三塁とし、9番ショートには直球が高めに浮き、痛い四球。2死満塁からアクーニャにも、内角を狙ったボールが制球できずカウント3-1と絶体絶命のピンチ。ここで力を込めた真ん中の92・マイル(約150キロ)直球で押し込み、右日に打ち取った。カウント2-1からのハーフスイングの判定を巡って、抗議したカブスのカウンセル監督が退場処分となった。

5回も2安打を浴びながら無失点に切り抜けた。この時点で98球を投じていた。

今永は6回のマウンドには上がらず。打線もブレーブス投手陣から得点できず、6勝目はお預けとなった。5回を7安打3四球無失点8奪三振と粘りのピッチングだった。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.