starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

元レッドソックスCEOルキーノ氏が死去 78歳、がん闘病 松坂、岡島、上原、田沢ら活躍


06年12月14日 レッドソックス入団会見 入団会見に臨む(左から)レッドソックスのラリー・ルキーノ球団社長、ティオ・エプスタインGM、松坂大輔、タック佐藤通訳

レッドソックスは2日(日本時間3日)、元球団CEOのラリー・ルキーノ氏が78歳で死去したと発表した。がんを患い闘病していたという。

同氏はオリオールズとパドレスで球団社長やCEOを務めた後、02年2月、ジョン・ヘンリー氏らの投資グループがレッドソックスのオーナーとなった際に球団CEOに就任。2年後の04年に球団を86年ぶりワールドシリーズ制覇に導き、07年と13年にもワールドシリーズ制覇を果たした後、15年に職を退いた。07年の制覇では松坂大輔や岡島秀樹、13年の制覇では上原浩治、田沢純一が活躍した。

ヘンリー球団オーナーは追悼の声明を文書で発表。「彼が残した最も大きな遺産は恐らく、レッドソックスに優れた素晴らしい人々を集める尽力をしてくれたこと。その人々が今の球団の礎を築いてくれた。14年間、彼が私のそばにいてくれたことは幸運だった」と死を悼んだ。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.