starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

【ヤクルト】高津臣吾監督「言いづらい」塩見右中間への打球で一塁走者生還できず 今季初黒星


広島対ヤクルト 8回表ヤクルト1死二、三塁、西川の同点左犠飛で岩田が生還(撮影・加藤孝規)

<広島2-1ヤクルト>◇2日◇マツダスタジアム

ヤクルトが今季初黒星を喫した。1点を追う8回。1死一塁から塩見の打球は右中間への長打コースとなった。一塁走者の岩田は、二塁を蹴り、さらには三塁を回った。そのまま本塁まで行けば、セーフか、アウトかは、際どいタイミング。ここで三塁コーチャーの森岡コーチがストップ。岩田は急いで戻り、三塁へ猛ダッシュをかけていた打者の塩見も、慌てて二塁へ戻る形となった。1死二、三塁となり、次打者の西川は左への飛球をマーク。犠飛で同点となった。

高津臣吾監督は難しい状況に「どうだろう。もう一つ判断、うまい判断がまだあるのかなと思います。ちょっと言いづらいけど」と複雑な表情を浮かべた。広島の先制点のきっかけとなった7回の2番手・大西の四球にも触れ「やっぱり小さなところで失点してしまう。走塁もそうだけど、もう1点取れるところがというところ」と言及。「微妙な差が勝つか負けるかの大きな差になるので。大同小異ですよ」と切り替えを強調した。

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.