starthome-logo 無料ゲーム
starthome-logo

【阪神】ミエちゃん、監督の教え実践!会心1号弾も「たまたま当たっただけやろ」岡田監督


紅白戦 2回裏白組1死一塁、ミエセスは左越え2点本塁打を放つ(撮影・加藤哉)

<阪神紅白戦>◇11日◇沖縄・宜野座

岡田サン、ホワ~イ!? 阪神ヨハン・ミエセス外野手(28)が紅白戦で今年の「チーム1号」アーチを放り込んだ。2回、茨木の直球を高々と打ち上げる左翼席への1発だった。

1万5000人を集めた球場は人気者「ミエちゃん」の一振りに大盛り上がり。ミエセスも、2軍調整中で会えなかった糸原と久々にベンチで固いハグをかわし、テンションマックス。「やっぱりファンの人がいると自然に試合の準備ができて、いい状態になるので感謝しています」。まさに宜野座の“主役”だった。

内容もあった。打ったのは厳しい内角の140キロ。岡田監督が提案していた、元ヤクルト・バレンティンのような前でさばく打撃を実践した。「前でさばくために短いバットで練習している。試合でもうまく反応してくれたかな。後ろに(重心が)残りながら手を前に出すことを意識していた」と手応えバッチリだ。

さぞや岡田監督もご満悦と思いきや、指揮官は甘くなかった。「1本って言うても。フリー打撃はめちゃくちゃやんか。そんなもん。ホームランて、そら、たまたま当たったんやろ」。そんなの関係ねえとばかりに、そっけなかった。

近本以外の外野争いは熾烈(しれつ)そのもの。今キャンプでは森下を筆頭に野口、井上、前川と若き大砲たちが連日アピール合戦を繰り広げてきた。ミエちゃんもノイジーとともに当然ながら有力候補。初実戦の「1発回答」で久しぶりに存在感を発揮したのに…。真の主役への道は険しいようだ。【柏原誠】

    Loading...
    アクセスランキング
    game_banner
    Starthome

    StartHomeカテゴリー

    Copyright 2024
    ©KINGSOFT JAPAN INC. ALL RIGHTS RESERVED.