エンゼルス大谷翔平(2022年5月撮影)

<マリナーズ-エンゼルス->◇5日(日本時間6日)◇Tモバイルパーク

エンゼルス大谷翔平投手(28)が、「イチロー超え」を懸けて「2番DH」でスタメン出場する。4日のアスレチックス戦ではメジャー通算116、117号を打った。これで渡米5年目にして、イチロー(マリナーズ)のメジャー通算本塁打に追いついた。今季3度目の2試合連続アーチを放てば、イチローを抜いて日本人単独2位に浮上する。1位は松井秀喜の175本。

相手先発は、昨季サイ・ヤング賞の左腕ロビー・レイ投手(30)だ。昨季はブルージェイズに所属し、13勝7敗、防御率2・84。今季はここまで8勝8敗、防御率4・11。今季のエンゼルス戦では6月17日に登板し、7回3安打10三振1失点で勝利投手となっている。大谷はこの試合を欠場しており、初対戦となる。

◆エンゼルスのスタメン

1番右翼 ウォード

2番DH 大谷

3番二塁 レンヒーフォ

4番左翼 アデル

5番捕手 スタッシ

6番一塁 ウォルシュ

7番三塁 ゴセリン

8番中堅 シエラ

9番遊撃 ベラスケス

先発投手 サンドバル

情報提供元 : 日刊スポーツ
記事名:「 大谷翔平「2番DH」2戦連続弾でイチロー超えなるか マリナーズ先発は昨季サイ・ヤング賞レイ